多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

  • slide image
  • slide image
  • slide image
  • slide image
Play/Pause

最近の記事

みつばちファーム&カフェ@あきる野〜多摩産はちみつの直売所とカフェ(直売所編)

みつばちファーム&カフェ@あきる野〜多摩産はちみつの直売所とカフェ(直売所編)

🐝ハチミツの産地といえば、オーストラリアやニュージーランド、それにヨーロッパの各国を思い浮かべます。 海外旅行のお土産で貰ったりしますからね。 生産量が少ないながら、国産の蜂蜜があることも知ってはいましたが(テレビCMで有名な養蜂場もありますし)、でもなにせ人を刺す「蜂」を飼育するのですから、養蜂場は首...
燈々庵@あきる野市〜旧家の邸宅で旬の懐石料理

燈々庵@あきる野市〜旧家の邸宅で旬の懐石料理

日中は寒さも和らいできた3月の上旬。 我が家でささやかなお祝いごとがあったので、夕食をとりに、 あきる野市小川の懐石料理店「燈々庵」にやってきました。 こちらの燈々庵さんは、旧家の土蔵を改修した趣ある懐石料理店で、五日市の「黒茶屋」や、青梅の「井中居」とは姉妹店。 3店揃って西多摩地区を代表する和食料理店と言って良いで...
ホテルインターコンチネンタル東京ベイ@竹芝〜年末年始レインボーブリッジの虹色ライトアップ

ホテルインターコンチネンタル東京ベイ@竹芝〜年末年始レインボーブリッジの虹色ライトアップ

  クリスマス前の東京港、竹芝埠頭。 ホテル予約サイトの一休.comに提示されていた、割安価格な宿泊プランを利用して 「ホテルインターコンチネンタル東京ベイ」に行ってきました。 値段が低いぶん低層階ではありますが、レインボーブリッジが正面に見えるベイビューのツインルーム。 部屋の広さにもゆとりがあります。 洗...
『ベイサイド』@アジュール竹芝21階〜これでお別れ?東京ベイ・ビューのレストラン

『ベイサイド』@アジュール竹芝21階〜これでお別れ?東京ベイ・ビューのレストラン

年末の竹芝桟橋へやってきました。 最寄駅としては、ゆりかもめの竹芝駅か、JRなら山手線の浜松町駅。 宿泊しているのは隣のホテルインターコンチネンタル東京ベイなのですが、ディナーは隣のアジュール竹芝にあるフレンチレストラン「ベイサイド」を予約しています。 年末年始のおよそ一ヶ月は、レインボーブリッジが虹色の特別色にライト...
うなぎ坂平@田無駅北口〜老舗だけども庶民派な鰻店

うなぎ坂平@田無駅北口〜老舗だけども庶民派な鰻店

田無駅前で所用を済ませた、とある平日の夕方。 近くで食事をしてから帰宅することにしました。 少々バテ気味なのでスタミナをつけたいところだけど、肉よりは消化の良い和食的なものが食べたいなぁ・・・ 等と暫し考えて思いついたのは、青梅街道沿いにある「うなぎ坂平」さん。 100年の歴史を誇る老舗の鰻料理店です。 ἰ...
コート・ダジュール本店@茨城県つくば市〜筑波の土産に「はんじゅくちーず」

コート・ダジュール本店@茨城県つくば市〜筑波の土産に「はんじゅくちーず」

茨城県つくば市は筑波山麓の街にして、産学官の研究機関が集まる日本を代表する研究学園都市。 街中で目を瞑って石を投げれば、博士号を持った研究者かガマガエルのどちらかに当たるという・・・。 そんな浮世離れしたつくば市内でランチした後、お土産に洋菓子でも買って帰ろうかと立ち寄ったのは、 街の中心部近くにあるフランス洋菓子工房...
メヒコつくばフラミンゴ館@茨城県つくば市〜フラミンゴ!?と伝統のカニピラフ

メヒコつくばフラミンゴ館@茨城県つくば市〜フラミンゴ!?と伝統のカニピラフ

朝一番に東浦和のショップでタイヤ交換をした後、慣らし運転も兼ねて外環道-常磐道と走り谷田部インターで降りました。 やって来たのは、筑波山麓の茨城県つくば市。 履き替えたばかりのミシュランPilot Super Sportは至極、愛車(スバルWRX-STI A-LIne)との相性が良いようで終始快適なドライブ。 タイヤっ...
ミシュラン PILOT SUPER SPORT (PSS) にタイヤ交換〜スバルWRX-STI A-Line 整備

ミシュラン PILOT SUPER SPORT (PSS) にタイヤ交換〜スバルWRX-STI A-Line 整備

早いもので、もう納車6年目を迎えたスバルWRX-STI A-Line(GRF)。 色々不満もありましたが試行錯誤の末、ビルシュタインダンパーPSS10を導入してからは快適なGTカーとなってくれていました。 ところが2年前の夏、夜の関越道を走行中にタイヤが突然バーストしてしまい・・・ 無理矢理に次のインターチェンジまで自...
笹屋ホテル「豊年虫」宿泊記・萩の間編@戸倉上山田温泉〜お庭はニャンコの散策コース

笹屋ホテル「豊年虫」宿泊記・萩の間編@戸倉上山田温泉〜お庭はニャンコの散策コース

  長野県千曲市、戸倉上山田温泉の名旅館「笹屋ホテル」さん。 明治36年創業の老舗温泉旅館です。 館内のお風呂は全て自家源泉100%、アルカリ性単純硫黄泉が源泉掛け流しと言う湯量の豊富さだけでも魅力的な宿なのですが、数寄屋造りの全8室、別棟の「豊年虫」が特にまた素晴らしい。 豊年虫へは、本館の広いロビーから暖...
『栗の木テラス』のモンブラン〜“北斎と栗の街”小布施食べ歩きの2

『栗の木テラス』のモンブラン〜“北斎と栗の街”小布施食べ歩きの2

信州の小布施町は、江戸幕府の直轄領(天領)として将軍家に栗を献上してきた栗の街。 小布施の酸性の土壌が栗の栽培には適していて、大きくて味の良い栗が採れるそうです。 そんな小布施そぞろ歩き中の小休憩。 ランチは和食の栗おこわでしたので、今度は洋菓子でティータイム。 伺ったのは国道沿いにある「栗の木テラス」さん。 ドイツか...
『竹風堂』の栗おこわ@“北斎と栗の街”小布施食べ歩きの1

『竹風堂』の栗おこわ@“北斎と栗の街”小布施食べ歩きの1

長野市の北東、千曲川の右岸に位置する小布施町は、古くから船運の要所にして北信地方の商業の中心地。 晩年の葛飾北斎もこの街に幾度か滞在し、豪商・高井鴻山の援助を得ることで、江戸では成しきれなかった自由な創作活動に没頭したとか。 また千曲川の氾濫原であることもあって、土地が肥沃で栗や果物の栽培なども盛ん。 特に栗は徳川将軍...
イタリア料理 ピエモンテ@青梅市・小作駅〜冬季限定・牡蠣のグラタン

イタリア料理 ピエモンテ@青梅市・小作駅〜冬季限定・牡蠣のグラタン

青梅市新町のイタリア料理『ピエモンテ』さん。 1970年の開店ですから、すっかり街に根付いてシッカリ生き残っている、青梅市内では古株のレストランです。 冬季限定「牡蠣のグラタン」が始まったとのことなので、夕食に伺いました。 🌀アクセス 店の所在地は、青梅市新町3丁目。 最寄駅は、JR青梅線の小作駅。 北...
小机邸喫茶室『安居』@武蔵五日市駅〜西多摩の文明開化の息吹を感じて

小机邸喫茶室『安居』@武蔵五日市駅〜西多摩の文明開化の息吹を感じて

あきる野市三内の小机家は、江戸時代に山林業で財を成し、明治期に入ってからは五日市線の開業に尽力するなど、地域の発展に尽力してきた旧家。 明治初期に建てられた和洋折衷式の母屋の一角が、週末には喫茶室として開放されていると聞いたので立ち寄って見ました。 小机邸喫茶室「安居」(あんご)さんです。 あいにく屋根の葺き替え工事中...
じねんのむら 茶々@飛騨高山〜合掌造り古民家で自然薯とろろめし

じねんのむら 茶々@飛騨高山〜合掌造り古民家で自然薯とろろめし

富山旅行の帰り道は行きとルートを変え、東海北陸自動車道を飛騨清見インターまで南下し、高山市内を経由して松本インターまで出ることにしました。 高山市内までは一般道もバイパスが整備されていて、とても快適なドライブルート。 昼食は高山市内で、名物の飛騨牛なり高山ラーメンなりの店を探しても良いのですが、多摩まで帰る道程はまだ長...
Return Top