多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

・甲信グルメ

Category
『栗の木テラス』のモンブラン〜“北斎と栗の街”小布施食べ歩きの2

『栗の木テラス』のモンブラン〜“北斎と栗の街”小布施食べ歩きの2

信州の小布施町は、江戸幕府の直轄領(天領)として将軍家に栗を献上してきた栗の街。 小布施の酸性の土壌が栗の栽培には適していて、大きくて味の良い栗が採れるそうです。 そんな小布施そぞろ歩き中の小休憩。 ランチは和食の栗おこわでしたので、今度は洋菓子でティータイム。 伺ったのは国道沿いにある「栗の木テラス」さん。 ドイツか...
『竹風堂』の栗おこわ@“北斎と栗の街”小布施食べ歩きの1

『竹風堂』の栗おこわ@“北斎と栗の街”小布施食べ歩きの1

長野市の北東、千曲川の右岸に位置する小布施町は、古くから船運の要所にして北信地方の商業の中心地。 晩年の葛飾北斎もこの街に幾度か滞在し、豪商・高井鴻山の援助を得ることで、江戸では成しきれなかった自由な創作活動に没頭したとか。 また千曲川の氾濫原であることもあって、土地が肥沃で栗や果物の栽培なども盛ん。 特に栗は徳川将軍...
手打そば処 瓢亭@山梨県韮崎市〜海苔いっぱい・花巻のような「ざるそば」

手打そば処 瓢亭@山梨県韮崎市〜海苔いっぱい・花巻のような「ざるそば」

信州方面ドライブの帰り道、長野に来たからには途中のランチは「蕎麦」かな? ・・・等と、行楽客の考えることは皆同じなようなもので、長野県内の手打ち蕎麦の有名店は軒並み行列だったり、既に品切れ閉店だったり。 行列に並ぶのが嫌いな質なもので、「じゃあ、次の店に行こう」と東へ戻っていくうちに、とうとう県境を越えて山梨県まで来て...
うなぎ林屋@長野県下諏訪町〜“変わり種”二色重がある老舗川魚店

うなぎ林屋@長野県下諏訪町〜“変わり種”二色重がある老舗川魚店

霧ヶ峰の麓、天竜川の源流ともなっている諏訪湖の周辺は、古くから鯉やワカサギといった川魚が獲れ、現在でも鰻の消費量は日本有数の地域。 湖を囲む上諏訪、下諏訪、岡谷それぞれの地区に鰻の有名店が数多くあり、鰻好きにとっては探究心をそそられる土地なのです。 今年の夏は地元での評判も良い、下諏訪の「うなぎ林屋」さんにおじゃまして...
蕎麦処 ひな @ 長野県茅野市〜茅野駅前グルメ3【蕎麦】

蕎麦処 ひな @ 長野県茅野市〜茅野駅前グルメ3【蕎麦】

八ヶ岳西麓から諏訪方面にかけては、蓼科や白樺湖、霧ヶ峰といった景勝地が連なる高原リゾート地帯。 真夏の東京の猛烈な暑さから、暫し逃れることのできる避暑地です。 その高原地帯の玄関口となるのが、JR中央本線の茅野駅。 八王子駅からは特急に乗って2時間で到達できます。 マイカー利用者の増加により、インターチェンジから駅前を...
割烹『花月』@湯村温泉〜甲府で美味しい刺身定食/湯村ホテルとともに

割烹『花月』@湯村温泉〜甲府で美味しい刺身定食/湯村ホテルとともに

今年もゴールデンウィークの休暇は、甲信方面へのドライブ旅行となりました。 例によって、平日の夜のうちに出発して中央自動車道を走り抜け、甲府市の湯村温泉までやってきました。 ここは常盤ホテルと甲府富士屋ホテル以外は地味なホテルばかりの温泉街なのですが、「信玄のかくし湯」とも言われていて湯量と泉質は折り紙付き。 夕食に向か...
三河屋@長野県佐久市〜佐久名物の鯉料理を食べる

三河屋@長野県佐久市〜佐久名物の鯉料理を食べる

上信越自動車道を西へ進み長野県内へ。 碓氷軽井沢ICを通り過ぎると、次は佐久IC。 千曲川の清流と八ヶ岳からの伏流水に恵まれた佐久市では、江戸時代から鯉の養殖が盛ん。 気温の寒暖差の大きい内陸性気候であることや、冷たい流水を使って育てていること、また長年の品種改良の成果もあって、佐久の鯉は身が引き締まっていて臭みがなく...
信州不動温泉さぎり荘@長野市信州新町〜希少!町内産サフォーク種・幻のジンギスカン

信州不動温泉さぎり荘@長野市信州新町〜希少!町内産サフォーク種・幻のジンギスカン

未年も去り行こうとする師走の週末、干支の羊さんに最後の敬意を表しに長野市郊外の信州新町まで、ジンギスカンを食べに行ってきました。 長野市中心部の西方、犀川に沿った谷間の町である信州新町では、乾燥した気候が適していたこともあって、かつてはめん羊の飼育が盛んで、それとともにジンギスカン料理が広まっていったそうです。 今も羊...
横手山頂ヒュッテ『雲の上のパン屋さん』@志賀高原〜北信州癒しのカフェその③

横手山頂ヒュッテ『雲の上のパン屋さん』@志賀高原〜北信州癒しのカフェその③

信州中野から志賀高原を経由し、群馬県の草津温泉に抜ける国道292号線は「志賀草津高原道路」と呼ばる景色の雄大な山岳道路。 長野と群馬の県境となる渋峠は、標高が2,100mを超えていて、これは日本の国道の最高地点となっています。 途中、すぐ麓を通過する標高2,300mの横手山の山頂には『横手山頂ヒュッテ』があって、ここに...
地獄谷野猿公苑『Snow Monkey 』&『猿座カフェ』@長野県上林温泉〜北信州癒しのカフェ その②

地獄谷野猿公苑『Snow Monkey 』&『猿座カフェ』@長野県上林温泉〜北信州癒しのカフェ その②

雪の中、温泉につかる野生の猿(=snow monkey)がいる世界で唯一の場所として、ミシュラン・グリーンガイドやLIFE誌にも掲載され、国際的な癒し系変わりダネ観光地となっている地獄谷野猿公苑。 長野電鉄長野線の終点・湯田中駅から、湯田中温泉の一番奥手にある上林温泉へバスで向かい、そこからさらに森の中を30分も歩いた...
豪商の館・田中本家&喫茶『竜潜』@長野県須坂市〜北信州癒しのカフェ その①

豪商の館・田中本家&喫茶『竜潜』@長野県須坂市〜北信州癒しのカフェ その①

旅行中にカフェで一休みするなら、食事や飲み物が一定以上のレベルでないと興ざめなのは勿論ですが、窓から見える景色やお店のロケーションも、店選びの大事なポイント。 その土地ならではの景色や雰囲気の中で、暢んびりした一時を過ごすことができるなら、旅行に来れた充足感が上がり、気分も癒されます。 夏の北信地方ドライブ旅行の1日目...
旬菜古民家ゆるり@長野県須坂市〜信州グルメと海鮮と

旬菜古民家ゆるり@長野県須坂市〜信州グルメと海鮮と

千曲川を挟んで長野市の西隣に位置する須坂市は、かつては製糸業で栄えた商業の街。 今も蔵造りの商家などが多く残り、往時が偲ばれる情緒ある街並が続いています。 まだ残暑の厳しい頃、多摩から上信越自動車道を経由して避暑地である志賀高原に向かう途中、そろそろランチにしようと須坂長野東インターで高速を降り、須坂の街中に入ってきま...
Return Top