多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

2015/10

Month
上林ホテル『仙壽閣』@長野県上林温泉〜志賀高原入り口の掛け流し温泉

上林ホテル『仙壽閣』@長野県上林温泉〜志賀高原入り口の掛け流し温泉

信州・上林温泉は、湯田中渋温泉郷の最奧部、志賀高原への玄関口に位置する小さな温泉地。 趣のある数軒の旅館が木々に囲まれるように点在していて、高原リゾートといった趣です。 雪の降る中、温泉に入って暖をとる野生の猿「Snow Monkey」がいることで有名な地獄谷野猿公苑は、ここからさらに山道を30分歩いた先。 夏の旅行は...
横手山頂ヒュッテ『雲の上のパン屋さん』@志賀高原〜北信州癒しのカフェその③

横手山頂ヒュッテ『雲の上のパン屋さん』@志賀高原〜北信州癒しのカフェその③

信州中野から志賀高原を経由し、群馬県の草津温泉に抜ける国道292号線は「志賀草津高原道路」と呼ばる景色の雄大な山岳道路。 長野と群馬の県境となる渋峠は、標高が2,100mを超えていて、これは日本の国道の最高地点となっています。 途中、すぐ麓を通過する標高2,300mの横手山の山頂には『横手山頂ヒュッテ』があって、ここに...
地獄谷野猿公苑『Snow Monkey 』&『猿座カフェ』@長野県上林温泉〜北信州癒しのカフェ その②

地獄谷野猿公苑『Snow Monkey 』&『猿座カフェ』@長野県上林温泉〜北信州癒しのカフェ その②

雪の中、温泉につかる野生の猿(=snow monkey)がいる世界で唯一の場所として、ミシュラン・グリーンガイドやLIFE誌にも掲載され、国際的な癒し系変わりダネ観光地となっている地獄谷野猿公苑。 長野電鉄長野線の終点・湯田中駅から、湯田中温泉の一番奥手にある上林温泉へバスで向かい、そこからさらに森の中を30分も歩いた...
豪商の館・田中本家&喫茶『竜潜』@長野県須坂市〜北信州癒しのカフェ その①

豪商の館・田中本家&喫茶『竜潜』@長野県須坂市〜北信州癒しのカフェ その①

旅行中にカフェで一休みするなら、食事や飲み物が一定以上のレベルでないと興ざめなのは勿論ですが、窓から見える景色やお店のロケーションも、店選びの大事なポイント。 その土地ならではの景色や雰囲気の中で、暢んびりした一時を過ごすことができるなら、旅行に来れた充足感が上がり、気分も癒されます。 夏の北信地方ドライブ旅行の1日目...
旬菜古民家ゆるり@長野県須坂市〜信州グルメと海鮮と

旬菜古民家ゆるり@長野県須坂市〜信州グルメと海鮮と

千曲川を挟んで長野市の西隣に位置する須坂市は、かつては製糸業で栄えた商業の街。 今も蔵造りの商家などが多く残り、往時が偲ばれる情緒ある街並が続いています。 まだ残暑の厳しい頃、多摩から上信越自動車道を経由して避暑地である志賀高原に向かう途中、そろそろランチにしようと須坂長野東インターで高速を降り、須坂の街中に入ってきま...
レストランK&K @青梅市河辺町〜縁起を担いでカツ&カツ!

レストランK&K @青梅市河辺町〜縁起を担いでカツ&カツ!

JR青梅線河辺駅から徒歩10分。 この街の小さな名店というべき、『レストランK&K』さんに久しぶりに行ってきました。 ダンディーで朗らかなマスターも、チャキチャキなマダムも健在です。 ここのレストランのいち押しはビーフシチューなのですが、資格試験を間近に控えている同僚の縁起担ぎとして注文したのは、 『牛肉の“カツ”レツ...
割烹 川波@武蔵五日市〜独眼竜も味わった!?秋川の献上鮎

割烹 川波@武蔵五日市〜独眼竜も味わった!?秋川の献上鮎

多摩川流域の鮎といえば、かつては徳川将軍家にも献上され、御用鮎とか献上鮎などと呼ばれた特産品。 その後、高度経済成長期の水質悪化や、鮎の遡上には障害となる堰の設置により、食用にできるような天然鮎は激減。 とても特産品とは言えないような状況になりました。 しかし、ここ数年は、取水堰などへの魚道設置や、下水道の整備による水...
Return Top