多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

八十八庵@立川市幸町〜風味豊かな粗挽き蕎麦

 


休日の昼前、妻殿から「蕎麦屋に連れて行け」との突然のオーダー。
それじゃあ、今まで行った事のない店にでも行ってみるかと・・
向かったのは立川市内の『八十八庵(やそはちあん)』
DSC06545 のコピー
市内の北方を東西に横断する「すずかけ通り」沿いにある蕎麦屋です。


スクリーンショット 2013-06-29 23.52.09
所在地は、立川市幸町。
すずかけ通り沿いに建つ、マンションの一階に店はあります。

駐車場は、店の入っているマンションの敷地内、建物の西側に3台分用意されています。
DSC06505
広い駐車場ではありませんが、店の規模から考えると妥当な台数でしょう。
まぁ、あるだけでも嬉しいと言うものです。
DSC06506-2
車で行って不幸にも駐車場に空きがなかったら、諦めて近くの「田堀」か「利静庵甚五郎」に行くという手もあります。

最寄り駅は、多摩モノレールの「泉体育館」。
駅からは歩いて10分程の距離です。


スクリーンショット 2013-06-29 23.53.00
マンションの一階ではありますが、杉の引き戸に外壁は板張り、和風の庇を架けて装っており、田舎蕎麦屋的な雰囲気を出しています。

暖簾に描かれているのは、ミッキーマウスを逆さまにしたマーク。
・・・に見えて可愛らしいのですが、正しくは日本古来の「州浜紋」という縁起の良い家紋。
DSC06510
向かって右のガラス窓には、自家製粉のための石臼。
DSC06511
左のガラス窓の奥は、麺打ちの作業部屋。
DSC06544
自家製粉の手打ち蕎麦であることを、店の外観からもアピールしています。
こんな店構えを見せられては、蕎麦の味に期待せざるを得ません。

店内には、小上がりに6人掛けの座卓が3つとカウンターが数席。
座卓は、掘りごたつ式なので座りやすい。
音楽は、ジャズが控えめな音量で流されていました。
DSC06513
この店は家族経営なんでしょうか?
ハキハキした応対の花番さん、蕎麦打ち中のご亭主?、その他厨房に1〜2名というスタッフ構成のようですが、なんとなく息が合っているような、気心が知れているような雰囲気が伝わってきます。


スクリーンショット 2013-06-29 23.53.23
メニューを見ると、冷たい蕎麦から温かい蕎麦から、うどんからご飯ものまで、多彩なラインナップ。

さらに壁を見ると、季節物を含めた一品料理の札が並んでいるので、何を頼むか迷うほど。
これなら何度来ても、食べ飽きることなく食事を楽しめそう。
DSC06512

しばし迷って注文したのは、妻殿が「穴子天せいろ」(2,200円)
蕎麦は、粗挽き・十割・替わり蕎麦の3種類から選べます。
この日は、十割蕎麦をチョイス。
DSC06528 のコピー
メニューを見返すと、なんと最高値の品でした!
でもまぁ、穴子はふっくらとボリュームがあって、美味そうですね。
DSC06527
一切れ、お裾分けしてもらいました。
穴子天は油がクドいと胸焼けしてしまいますが、この店の穴子天は割とサッパリ揚がっていて、これなら苦もなく完食できそう。
これは高いけどお薦めのメニューです。
DSC06530

私が注文したのは、一品料理の『若鮎の天ぷら』(650円)『三色そば』(1,550円)。

まずは、「若鮎の天ぷら」
いよいよ鮎のシーズン到来ですからね。
DSC06520
このサイズなら頭から丸ごと齧れます。
ほのかな苦みが大人の味。
DSC06522

『三色そば』は、この店自慢の手打蕎麦の三種類、“十割”と“粗挽き”、それに“変わり蕎麦”の全部盛り。
初訪問なので、それぞれどんな味か食べ比べてみたいですからね。
DSC06532
ボリュームもそこそこあります(喜)

まず手繰ったのは、一番気になっていた「粗挽き」。
DSC06537
やや太めで、コシがしっかりと言うか固めの蕎麦。
蕎麦粉が粗挽きのため、表面がブツブツとしていて、食べると風味豊か。
蕎麦通からしたら邪道かもしれませんが、汁にタップリ浸けて、ガシガシ噛んで食べると美味しい。
こんな野趣に富んだ蕎麦は好きですねぇ。
とても気に入りました。

次は「十割そば」。
DSC06540
つなぎが混ざらない、十割蕎麦粉で打った割には細麺で、長さも揃っています。
表面はしっとり感があって、滑らか。
コシはありますが、「粗挽き」よりも固くないので、喉越しが良くて食べやすい。
こちらの方が、正統派の蕎麦ですね。
伸びないうちに、さっさと食べた方が良さそうです。

最後に「変わりそば」。
この日は、アンパンに載っている“けしの実”入りの蕎麦でした。
DSC06538
色が白いのは、つなぎが多めなのかな?
“変わりそば”は蕎麦本来の味がどうこうではなく、変わった味の蕎麦や、季節感のある蕎麦を楽しむものですから、ケシの香りがして「面白いですね」と言う感想。
3種盛りや2種盛りに組込まれていると、味に変化がでて楽しいでしょう。

3種類の蕎麦とも個性があって、それぞれ美味しい蕎麦でした。

蕎麦汁は鰹の出汁が効いていて、辛さは標準的。
締めの蕎麦湯は、少し白濁している程度であっさりしたもの。
DSC06543
最後に頂き物があったそうで、サービスとしてデザートにメロンをお裾分けしてもらいました。
DSC06542
こんなところも家庭的。


それにしても、期待していた以上の蕎麦でした。
手打ちの蕎麦を3種類も用意していて、一品料理もいろいろあるし・・・。
店の規模から考えると、かなり頑張っているんじゃないですかね。

蕎麦好きの方なら、ちょっと足を伸ばしても、好みに合うか試してみる価値がある蕎麦だと思います。
片道一時間圏内くらいまでかな(笑)

私は、まず間違いなく再訪します。


【八十八庵】(やそはちあん)

◇住 所   東京都立川市幸町2-17-8 アミノビル101
◇時 間   11:00~20:00
◇定休日   火曜日
◇駐車場   有り(3台)
◇最寄駅             多摩モノレール 泉体育館駅



にほんブログ村 グルメブログ 多摩食べ歩きへ
にほんブログ村


 

Return Top