多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

游水亭いさごや@山形県湯野浜温泉〜砂浜目前・夕日の見える温泉旅館

 


山形県の庄内地方、鶴岡市西方の日本海に面した湯野浜温泉
約1000年前、怪我をした亀が見つけて湯治していたのが起源という、ほのぼのしたエピソードの残る、歴史ある温泉地です。
DSC06824
目の前には白く広がる砂浜に、青い海。
夏の日本海は、水が澄んでいて波も穏やか。

その海の幸も味わえるし、晴れた日の日本海に沈む夕日は絶景。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
東京から近いとは言えないことだけが難点ですが、訪れる価値のある温泉地です。
・・・と言うか、個人的に気に入っちゃって、これが3回目めの宿泊。


湯野浜温泉への道のりは、関越道を経由して新潟方面から北上すると、村上市から先は海沿いのドライブルート。
P1020543のコピー
幾つもの風光明媚な海水浴場を横目に見ながら、
P1020534
渋滞もなく快適な道を、ひたすら一時間も走ると、
P1020542
やがて、遠くに霞む鳥海山の手前に、海沿いにひらけた温泉街が見えて来ます。
P1020552
オーシャンビューの宿泊施設が幾つも並ぶ中、向かうのは数年前に宿泊して以来、すっかり気に入ってしまっている『游水亭いさごや』さん。
DSC06825
名前の通り、道路を一本隔てるだけで、直ぐ目の前が砂(=いさご)浜となっている温泉旅館です。


DSC06819
入口で車を預け、
DSC06818
石庭風に設えられた石畳の通路を進むと、
DSC06817
ロビーに飾られた綺麗な生け花に迎えられます。
このあたりまでの雰囲気で、既に「ちょっと良いんじゃないかい?」と思わされます。
DSC06816
庭を眺められるラウンジの床は、ピカピカに磨かれたフローリング。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
趣味が良くて、ゆったりできるこのロビーラウンジも、なんだか気に入ってます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
抹茶をいただきながらチェックインを済ませ・・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
部屋に一度案内された後、時間に余裕があれば、このラウンジに戻ってきて『鳥海山氷河水・水出し珈琲』(500円)『だだちゃ豆ソフトクリーム』(450円)を注文するのもお薦め
絶品なんです。
DSC06805
「水出し珈琲」は、このクールなマシーンで淹れています。
水も美味しいのでしょうけど、苦みが少なくて雑味を感じない、サッパリした珈琲を味わえます。
DSC06813
「だだちゃ豆ソフトクリーム」は、黒蜜をかけていただきますが、クドくない豆の自然な甘みで、水出し珈琲との取り合わせもGood。
DSC06809
客室の方は、特に広い部屋ではありませんが、清潔感があって海を正面に見るオーシャンビュー。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
目の前の砂浜を一望できます。
DSC06794
東北の日本海側となれば、午後になると太陽は海に傾いて行き・・・
DSC06797
部屋からは、ド正面に沈んで行く夕陽を眺めることができます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
もう若者とは言えなくて、暑さにも弱くなった身にとっては(哀)、“空調の利いた部屋で”、“椅子に座って”、“御茶を飲んで寛ぎながら”、この景色を眺めていられるのは至福。

オーシャンビューの部屋に宿泊している者の特権ですね。

さて、夕日の余韻を楽しんでいると、時刻は19時くらい。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
遅めの時間に指定していた夕食となります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


夕食は、「茶寮月岡」という食事処でいただくプラン。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
窓側の席が取れているなら、夕日を見ながら食事ができます。

でも、窓側の特等席は数に限りがありますから・・・。
私は、連泊したときに一度、窓側の席を用意してもらったことがある程度です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
その他の席でも、ちょっと首を伸ばせば夕日は見えますが、しっかり見たければ客室で景色を楽しんでから食事にするのが良いでしょう。

客室に案内して貰うときに食事の案内等がありますから、食事処での席を確認してから夕食の時間を決めれば良いかと思います。

料理は、当然ながら海の幸が中心。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
前菜
P1020571
庄内浜地魚盛り合わせ
P1020572
鱸の雲丹焼き
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
米どころらしく、はえぬき麺
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
肉がないと不満な客も多いでしょうから、山形牛の一口ステーキ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「これでどうだ!」といったメイン料理は、鮑の源泉蒸し
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
これに地酒でも追加すれば、もう言う事なし。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
デザートの頃には、もう満腹で苦しくなっています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ここの館長は「北大路魯山人」がお好きなようで、茶寮月岡の出入り口には、本物の魯山人作の食器が展示してあります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ちょっとしたギャラリーですね。

じっくり見たい気もするのですが、ここを通る時は空腹時か、酔っぱらってご機嫌になっている時なので、いつもちょっと見するだけ(笑)
P1010770
料理に使われる器も、魯山人好みというか魯山人写しの器が多く使われているので、雰囲気が良い。

魯山人の名前をだすからには、当然、料理の内容にも精一杯こだわっているわけですから、その点でも好感度アップですね。

勿論、それなりの料理には、それなりの代価が必要ですが。

夕食の後は、バタバタと部屋に戻って、夏の期間中に砂浜で上げている、ミニ花火大会を眺めました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
私にとっては、これだけの要件が揃えば、もう完璧な夏の休日。


温泉旅館ですから、お風呂も気になるところです。

泉質は、海沿いの温泉らしく無色透明のナトリウム・カルシウム-塩化物泉。
体がよく温まるお湯です。

海の見える浴槽があったり・・・
10311058
源泉を掛け流している浴槽があったり。
10311458
客室が50室程度と巨大ホテルではないせいか、団体客が一度に押し寄せて大混雑するということもなく、居心地が良くて眺めの良いお風呂です。


翌日の朝食は、こんな感じの和食。
焼魚にイカ刺しなんかも付いて、不満を感じない内容になっています。
DSC06800


ここのスタッフは、接客も丁寧。
全体的に不満な点が、ほとんどないんですよね。

宿泊料金から考えると、安さがウリの旅館ではありませんが、超高級旅館でもありません。
何もかにもが最高級というわけにはいきませんが、このくらいの料金で、この満足度が得られるのですから、リピートしたくなるってもんです。

夕陽も含めて、海の景色は一級品。

波も穏やかで、海水浴にも好適。
砂浜がこれだけ近くて、設備の整った清潔感のある旅館って、意外と少ないと思います。

今回の旅行では湯野浜温泉が終着点でしたが、酒田はじめ庄内地方には美味いものや美味い酒、その他の見所が沢山あります。
さらに北へ足を伸ばして、秋田県境にある鳥海山麓の海は岩牡蠣の名産地。
この温泉を拠点に、周囲を観光するのも良いでしょう。

夢のような憧れではなく、また遠からず訪問する機会を作るであろう、お気に入りの温泉旅館です。


【游水亭いさごや】
山形県鶴岡市湯野浜1-8-7
JR羽越線鶴岡駅よりタクシー25分

【一休】で情報を見る

【じゃらん】で情報を見る



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル


 

Return Top