多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

そば処いけだ@青梅市柚木町〜軍畑の隠れ家石臼挽き二八そば


JR青梅線の青梅駅から、さらに奥多摩方面へ5駅先にある軍畑(いくさばた)駅。
青梅線も青梅駅から西へ行くと電車の本数も減って、都内ではあっても長閑な山麓の町といった雰囲気が強くなってきます。

この日のランチは、軍畑駅から多摩川にかかる軍畑大橋を南側に渡った先にある『そば処いけだ』
IMG_3298
幹線道路から外れた、全く目立たない路地にある石臼挽きの手打ちそば屋さんです。


スクリーンショット 2013-06-29 23.52.09
最寄り駅であるJR青梅線軍畑駅からは、徒歩8分ほど。
青梅街道を横切り、軍畑大橋を南へ渡って最初の細い路地を左に入り、集落を抜け・・・
IMG_3334
そろそろ道を間違えたのかもと、不安になる頃にお店が見えてきます。
こんな集落の奥に店を出して商売になるのだろうか?と心配になるような立地。
IMG_3331
駐車場は店の横に2台分あるので、ドライブのついでに立ち寄ることもできますね。

IMG_3297


スクリーンショット 2013-06-29 23.53.00
一戸建て日本家屋の一階部分が店舗になっています。
まだ新しそうで綺麗な建物。
IMG_3300
店の脇に掲げられたお知らせによると、
「玄そばを手動の石臼で挽いているのでどうしても数量に限りがあり、売り切れ次第終了します」とのこと。
1日20食ほどだそうです。
あまり多くの客を呼び込もうとしていない、そば粉に拘りの店のようですね。
IMG_3299
店内に入ると、誠実そうな物腰の柔らかい女将さんが迎えてくれました。
座席は、4人掛けのテーブルが3つのみ。
厨房の様子は見えない造り。
IMG_3303
地元産の材木を多用した、西多摩らしい雰囲気の店内。

囲炉裏を切った小上がりもあって、山里らしさを演出。
小規模ながらも趣向を凝らしたお店です。
IMG_3305

窓の外の景色は杉林。長閑です。
IMG_3306


スクリーンショット 2013-06-29 23.53.23

メニューは単純で壁に掲げられています。
挽きぐるみせいろそばに、天婦羅とトロロのトッビングの組み合わせ。
IMG_3304
初訪問の店なので、全部載せの『挽きぐるみとろろそば(天付)1,200円』を注文。
待つこと暫し。お盆にいれられてやってきました。
IMG_3314
・・・正直、無骨な田舎そばを想像していたのですが、登場したのは南天の葉が添えられた細切りの繊細な蕎麦でした。
IMG_3316
添えられているのは籠に盛られた野菜天に、
IMG_3318
とろろ、香の物、
IMG_3319
薬味(塩・柚子胡椒?・ネギ)、そば湯となっていて、品のある外観です。
IMG_3321
蕎麦は、ツヤツヤとした端正な細切り。
挽きぐるみのそばらしく、星が散っています。
冷水でシャッキリと〆られていて、腰があり喉越しも良い。
IMG_3323
「よろしければ、塩だけで食べてみてください」とのことなので、試してみると・・・
IMG_3327
冷水で〆たばかりの瑞々しい蕎麦だったせいか、蕎麦に合う塩だったのか、確かに旨い。

「塩だけ付けて食ってみろ」という店は他にもありますが、本当に塩だけでも旨い蕎麦ってあまりないですよね。
まぁ、人それぞれ好みと味覚の違いはあるでしょうけど。

どんな人が蕎麦を打っているのかは判りませんが、結構な腕自慢なんだと思います。

蕎麦つゆは、味醂か砂糖の甘味を感じるもので、辛すぎもせず。
IMG_3324
そば湯は、そば粉を溶いたりしていない透明なもの。
IMG_3330
ごちそうさまです。
立地から勝手に想像していた蕎麦とは違って、上品で美味しい蕎麦でした。

食後に何故か板チョコをサービスで頂きました。
チョコレートは好きなので嬉しいのですが、蕎麦屋で食後に貰ったのは初めてです。
たまたまパチンコの景品で取りすぎた訳じゃないですよね(笑)
IMG_3333
それと、店の前の道は細い道だと書きましたが、どうやら昔は鎌倉街道だったようです。
お見それいたしました。

そろそろ西多摩の紅葉も終わりでしょうが、ドライブついでに立ち寄っても十分満足できると思えるお店なのでした。


【そば処いけだ】

◇所在地   東京都青梅市柚木町2-546-21
◇最寄駅   JR青梅線軍畑駅 徒歩8分
◇営業時間  11:30〜売り切れ次第
◇定休日   水曜・木曜
◇駐車場   2台



にほんブログ村 グルメブログ 多摩食べ歩きへ
にほんブログ村


 

Return Top