多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

手打ちそば『梅の内』@青梅市梅郷〜古民家で味わう十割手打ち蕎麦


紅葉シーズンも過ぎ、西多摩地域は観光の端境期。

でも観光シーズンには、行列の長さにウンザリさせられるような人気店でも、この時期なら割とスンナリ席につけるので、食べ歩き重視派とってはチャンスと言えるかもしれません。

そんな訳で、街道筋から外れた目立たない場所にあるのに、風情があってちょっとした人気店となっている
『手打ちそば 梅の内』さんに行ってきました。
2014-12-17 13.05.08
店の住所は、青梅市梅郷六丁目。
吉野街道の梅郷六丁目交差点の先、小さな看板を目印に細い路地を南側に入った先にあります。

クネクネとした細い路地の奥にあるので、初めての訪問だとわかりづらいですね。

駐車場は、店の横に2〜3台分のスペースあり。
2014-12-17 13.05.39
もし車で来ていて、細い道が苦手であるなら、
吉野街道をそのまま70mほど西へ進んで、旧道を斜め左に曲がったさきに・・・
IMG_5351 2
吉野園地駐車場という公共の駐車場があります。
ここなら車も停めやすい。
観光シーズンには混みますけどね。
IMG_5347
来た道を少し戻って、この階段を上ると・・・
IMG_5349
懐かしいような、再生古民家を利用した店の前に出られます。
2014-12-17 13.05.23
こちらの店は、手打ちの十割蕎麦が“ウリ”。
本日は「常陸秋そばの新そば」だそうです。
国産のブランド品ですね。
2014-12-17 13.04.58
靴を脱いで上ると、店内は床の間のある昔の古民家そのままの座敷席。
2014-12-17 12.42.44
さらに冷えるこの時期には、囲炉裏に火が入って抜群の風情。
この眺めは素晴らしいですね。
2014-12-17 12.43.47
こんな風に雰囲気の良い蕎麦屋さんですから、紅葉シーズンには行列ができますし、席に着いても料理がでるまでに時間がかかったりします。

この日は待つこともなく、囲炉裏前の特等席に着けました。
まぁこの時期であっても、いつも空いていると保証まではできませんけどね。

壁に貼られたメニューから、注文したのは・・・
2014-12-17 12.43.16
『本鴨せいろ』(1,200円)
2014-12-17 12.49.33
蕎麦は端正な細切り。
適当に星が散った、見ただけで「コリャ美味いだろうな」と感じさせられるビジュアルです。
2014-12-17 12.51.06
鴨だし汁に浸して食べれば、二八蕎麦かと思うくらい、喉越しも良い蕎麦でした。
十割ならもっとゴワゴワした食感を予想するのですが、蕎麦粉の挽き方が良いのか?打ち方に工夫があるのか?
2014-12-17 12.51.29
同行者が注文したのは、「野菜野菜の天もり」(1,400円)
2014-12-17 12.50.04
果物やらヤーコンやらを含めて、季節の野菜を揚げたカラフルで個性的な天婦羅だったようです(笑)。

もう師走で、世間では色々と忙しい時期だったせいか、他の客は入れ替わりに一組程度づつ。

こんな店でノンビリ蕎麦など食べると、胃も心も癒されますね。


手打ちそば【梅の内】(めのうち)

▪️所在地   東京都青梅市梅郷6丁目1596
▪️最寄駅   JR青梅線石神駅下車 徒歩20分
▪️営業時間  11:30〜15:00(売り切れ次第)  
▪️定休日   月曜・火曜
▪️駐車場   有り
▪️website           http://www.menouchi.com/index.htm



にほんブログ村 グルメブログ 多摩食べ歩きへ
にほんブログ村


 

 

Return Top