多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

WHAT’S NEW

More

日本平ホテル@静岡市〜清水の夜景と絶景富士山


2月23日は「フジサン」の日なのだそうで、この日の宿泊は、清水の市街地越しに眺める富士山が絶景
だという「日本平ホテル」へ。
DSC08077-2
日本平は、静岡市の清水区と駿河区の間にある眺めの良い丘陵地で、罠にかかって火に囲まれた日本武尊(やまとたけるのみこと)が、草薙の剣で草を薙ぎ払って難を逃れたという神話の地でもあります。
DSC08212
また、日本平から南端の久能山までローフロウェイで降りていくと、
DSC08084
徳川家康を祭る久能山東照宮もあります。
DSC08112-2
ここの宝物館には、徳川将軍家寄進の武具刀剣類が展示されていたりして、歴史好きには堪らない観光スポットになっています。


さて、日本平ホテルまでのアクセスとしては、東名道を経由して静岡ICで降り、そこから日本平パークウェイを車で駆け上って25分ほど。
多摩地域からは、約3時間弱のドライブになります。
DSC08215-2
電車でいくなら、JR静岡駅からシャトルバスも出ているようです。


ホテルの建物は2012年に建て替えられたばかりで、新しくて綺麗。

2階のロビー階から中に入ると、一階から吹き抜けになっている巨大なガラス越しに、清水の街や駿河湾、富士山が一望・・・
DSC_0517-2
のはずなんですが、残念ながらこの日は曇りがちで富士山は見えず(泣)。

部屋は、富士山側と駐車場側がありますが、オススメは値段が高くても断然、富士山側。

「日本平ツイン」と名付けられたタイプの部屋なら、
DSC_0564
バルコニーがついているので、
DSC_0566
いつでも気兼ねなく、時間とともに趣を変える景勝地からの眺望を楽しむことができます。
DSC_0572
・・・昼までは、富士山も見えていたんですけどね。
DSC_0586
眺望は素晴らしい日本平ホテルなんですが、ここのホテルの弱点は温泉がないこと。
建て替え時に、思い切りよく大浴場も無くしてしまいました。

浴室は部屋にあるもののみですから、低いグレードの部屋にあるユニットバスではなんとも貧相。

「日本平ツイン」タイプの部屋なら、浴室が独立しているので、まずまずユッタリできます。
DSC_0554


もし富士山が見えない側の部屋に泊まったとしても、ホテル前の広大な庭に出れば・・・
DSC_0531
同様の景色を眺められます。
DSC_0524
キムタク主演のドラマ「華麗なる一族」のロケ地にもなっていたようです。
そのドラマは見ていないんですけどね。
「将軍池」はなくなっていました。


さて、夜も更けてきました。
DSC_0550-2
夕食は、吹き抜け一階部分にある「ザ・テラス」で。
DSC_0519
素晴らしい景色と最高の料理を同時に楽しもうというコンセプト。
DSC08034-2
一口スプーンのアミューズから始まって、
DSC08040-2
ホワイトアスパラガスのブランマンジェを富士山トラウトサーモンのマリネ。
DSC08047-2
10種類の野菜のポタージュ。
DSC08050
鰆のポアレ アサリと菜の花の付け合わせ。
DSC08057-2
三ケ日牛のロース 赤ワインソース。

DSC08062
デザート。
DSC08065
使用する食材は、主に地産の、彩りが良く季節感のあるもの。
「ナイフを入れてみてのお楽しみ」と言っているような、まん丸く包まれた料理など、見た目も楽しい。
富士山は見えなくても、清水の夜景を眺めながらの食事は、優雅で贅沢感のあるものになりました。

 


二泊目の夕食は、日本料理「富貴庵」の寿司カウンターで。
DSC08219
白子焼き。
DSC08220
鯛だったかな?
DSC08228
駿河湾の金目鯛。
DSC08230
お椀ものを挟んで、
DSC08232
赤身のヅケ。
清水といえばマグロですね。
DSC08234
ここでバーナーが登場。
DSC08235
太刀魚の炙り。
DSC08236
大トロも炙っちゃいました。
DSC08237
ホッキ貝とみる貝どちらが好みですか?と聞かれたので、
DSC08239
ホッキ貝をお願いしました。
DSC08241
メレンゲ状に泡立ててケーキ風に焼いた卵焼き。
DSC08242
エビ。
DSC08243
穴子。
DSC08246
鉄火巻き。
DSC08248
デザート。
DSC08250
満腹です。
ここの寿司は、柚子塩などで味を作ってあるので、改めて醤油につける必要がありません。

東京でこのクオリティの寿司を食べると、幾らかかるか心配になって、途中から落ち着かなくなりそうですが、この日の寿司はホテルの宿泊プランに含まれているので、安心して食べることができました(笑)。

このホテルは、フレンチも寿司もレベルが高いですねぇ。
大満足です。


まだ飲み足らなければ、アッパーラウンジへ。
手前のカクテルは、富士山をイメージした「日本平」というオリジナルカクテル。
DSC08258
晴れていれば夜景が綺麗なんですが、曇って何も見えませんでした(泣)。


ところで、一番肝心の富士山の眺望については、
夜は霞がかかって見えず・・・
DSC_0592
朝日に浮かぶはずの富士も、雲に隠され・・・

最終日の朝、やっと薄雲の向こうにボンヤリ姿を見せてくれました。
DSC_0617-2
何とか見えはしたので、今回は良しとします。

しかし、このホテルは温泉がないので、富士山が綺麗に見えるかどうかで満足感が大きく上下しますね。
ルームチャージが安くないので、ギャンブル的でリスキー(笑)。

数日前までは、冷え込んでいて晴天率が高かったんですけどね。
ちょうど季節の変わり目になってしまったようです。

また秋から冬にかけての晴天率の高い時期に、リベンジしたいホテルなのでした。


【日本平ホテル】にっぽんだいらほてる

▪️所在地    静岡市清水区馬走1500-2
▪️Website   http://www.ndhl.jp/
▪️予約サイト    
【一休】で日本平ホテルのプランを見る



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル


 

Return Top