多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

フルーツパーク富士屋ホテル@山梨県山梨市〜出来れば何度でも泊まりたい丘の上のリゾートホテル


中央自動車道・一宮御坂ICから車で20分。山梨県山梨市の笛吹川フルーツ公園内の丘の上に建つ
『フルーツパーク富士屋ホテル』

日本で二番目に古い西洋式ホテル、箱根にある富士屋ホテルのチェーンですね。
妻殿も気に入っているホテルなので、またまた宿泊してきました。

今回はホテルでノンビリしようと思ったので、午後早めの時間に到着。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


とは言え時間に余裕があったので、ホテルの前を通り過ぎ、さらに丘を登ってみました。
この先には「ほったらかしの湯」という日帰り温泉があるのですが、その手前に今まで見過ごしていた施設を発見。

推理小説家の横溝正史氏の自宅の一部を移築した「横溝正史館」という資料館があったので寄ってみることにしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
世田谷区成城にあった、横溝正史が書斎として使っていた建物です。
木造平屋で縁側のある、日本人なら懐かしくて寛げる造り。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下の写真は、実際に執筆していた机。
江戸川乱歩に見出された作家さんだったんですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
角川映画が元気だったころは、よく金田一耕助ものが映画館で上映されたり、テレビで再放送されたりしていました。
閉鎖的な地方の旧家など土俗的な世界で起きる、おどろおどろしくてセンセーショナルな事件。
「祟りじゃぁぁ〜」。
懐かしいです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
横溝作品のコアなファンの方が案内をしてくれていたので、余計に楽しめました(笑)
こちら、土日祝日のみ10時〜15時までの開館で、料金は100円。


さて、文学的な好奇心を満たした後は、ホテルに戻ってチェックイン。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日は、広くてお高い部屋です。OLYMPUS DIGITAL CAMERA
窓から見る富士山は、曇りがちの天気のせいで残念ながら霞んでますね。
それでも富士山が見えさえすれば一応満足。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
まだ夕食までに時間もあったので
一階の『カフェ ベラヴィスタ』でティータイムにしました。
季節のフルーツパフェが人気の店ですが、さすがにそこまでは食べきれません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
プリンセット(850円)と、ハーブティーのケーキセットを注文しました。
ケーキは数種類あるので、見て選ぶのもまた楽しい。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ここのホテルには温泉大浴場もあるので、入浴後に寛いでいたりすると夜も更けて夕食どきとなりました。
この夜景もまたいつ見ても素晴らしい。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
夕食は、2階の西欧料理「ラ・コリーナ」でフレンチ。
DSC08459
一口アミューズ。
P1020824
ホタテのグリル ホワイトアスパラガス添え。
DSC08436
フォアグラのソテー。
フォアグラと聞いただけで何だかテンション上がります。
DSC08442
地元ですから甲州ワイン。
DSC08435
イサキのグリル。
DSC08447
国産牛のグリル。
DSC08453
さすが焼き加減最高な赤身肉です。
DSC08454
フルーツを使用した月替りデザート。
DSC08457
彩りもきれいで、最高に満足なフレンチでした。


翌日の朝食は、再び一階の「ベラヴィスタ」で。
すっかりお気に入りの「サラダブレックファースト」。
DSC08462
ホテル名に相応しく、フルーツ盛り合わせ付き。
DSC08464
いまひとつスッキリしない天気ではありましたが、今回も居心地よく、満足感の高い滞在となりました。

多摩地域から2時間もかからない立地。

決してお手頃価格とは言えないリゾートホテルではありますが、景色や料理は飽きるようなことがないレベル。

健康である限り、また何度でも滞在したいホテルなのでした。


【フルーツパーク富士屋ホテル】

▪️所在地     山梨県山梨市江曽原1388 笛吹川フルーツ公園内
▪️Web-site     http://www.fruitpark.jp/index.html 
▪️じゃらん    フルーツパーク富士屋ホテル



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル


 

Return Top