多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

招来川菜館@小平市一橋学園駅〜何故この街に?本格四川料理店


快適だった新東名高速のドライブも、帰り道は東名高速の厚木〜町田間の渋滞に捕まってしまい、多摩地区まで帰り着いたのはもう夕方になってからでした。
これから食事の準備も面倒なので、小平市学園東町にある本格四川料理店、「招来川菜館」(しょうらい・せんさい・かん)で夕食としました。

場所は、西武多摩湖線の一橋学園駅を降り、東へ徒歩3分です。

一橋学園駅は、かつては一橋大学のキャンパスがあって賑わいがありましたが、移転してからは今ひとつぱっとしない駅になりました。そんな界隈に何故かある本格四川料理店です。四川に限定しない通常の中華料理店なら話はわかるのですが、何故この町で、“四川”という狭いレンジを狙うのか?よく分からないオーパーツ的なお店です(笑)

ちなみに、店名もなんて読めばよいか?意味も含めて分かりづらいのですが、“しょうらい”という名前の、“せんさい”=四川料理の、“かん”=レストラン、なんだそうです。



駐車場は、店の真ん前、道路の向かい側に4台分+軽1台分あります。満車の場合は店の西隣にある有料駐車場に停められますが、こちらは自腹の有料になります。


駐車スペースの最後の1台になんとか滑り込んで、入り口に向かいます。本格派であることを予感させる店構え。
予約しなくても平気だったか心配になりますが、個室の会食でなければ大丈夫です。
値段が高いんじゃないかとも心配になりますが、“ちょっとだけ”高いです。(笑)



店内は、中央にカウンター席が並び、両壁側がテーブル席というレイアウト。一人で来店しても気兼ねなく座れそうです。


メニューは、重厚な板の表紙になっています。


中華料理店のメニューは、いつ見ても迷ってしまいます。
この日は、点心、鶏肉料理、飯類、スープ代わりの麺類を選びました。


まずはお気に入りの四川よだれ鶏(1,600円)。
骨ごとぶつ切りにして茹でた(蒸した?)鶏肉が、辣油のタレにつけ込んであります。辛さを我慢しながら、骨の周りの肉をしゃぶります。


妻殿の好きな点心類、小龍包(400円)四川餃子(900円)
小龍包は辛くありません。四川餃子は蒸し餃子で辛い。


カニ炒飯(1,000円)。こちらは普通の炒飯ですね。


招来麺(1,200円)
取り分ける前の写真は撮り忘れました。
あっさり塩味の海鮮麺ですので、辛い料理を食べながらだと口がさっぱりします。
でもこの店の麺類には、麺自体に特徴がないのが少々残念です。手打ちの麺にでも変えれば、スープが美味しいので大化けするような美味しい麺料理になるだろうと思うのですが。町の定食屋レベルの店にはそこまで求めませんが、このくらいのレベルの店になると、いろいろ期待してしまいます。(笑)

もう満腹です。二人分としては、ちょっと量が多かった。

トイレは2階とのことなので階段を上がると、調度の整った個室が並んでました。会食にも使えます。
この周辺には他に四川料理の専門店は見当たらないし、店の雰囲気も良い。貴重な存在のお店です。今度は麻婆豆腐でも頼んでみようかな。

 

@@@@@@@@@@@@@@@
招来川菜館

東京都小平市学園東町1-4-28
■平 日 11:30~15:30(l,o,15:00) 17:00~22:00( l,o,21:30)
■休祝日 11:30~21:30(l,o,9:00)
定休日   年末年始
H.P.           http://www.shourai.co.jp/



大きな地図で見る

にほんブログ村 グルメブログ 多摩食べ歩きへ
にほんブログ村

Return Top