多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

深谷花園温泉 花湯の森〜大人の為の和風日帰り温泉〜

 


埼玉県は深谷市、関越自動車道花園インターから車で10分程のところにある、
12歳未満入場お断りという、比較的「大人」な人たちのの為の、比較的静かで落ち着ける
日帰り温泉施設花湯の森」に行ってきました。

DSC00287

なかなかの情緒と高級感を味わえる施設です。




場所は、幹線道路から離れた田園地帯ですので分かりづらいですね。
隣がゴルフのショートコースになっているので、とても静かな環境です。

子供連れ家族がいないせいか、週末の夜にしては駐車場も楽に停められました。

DSC00286
母屋は、入母屋造でしょうか。立派な日本建築です。

料金は土日祝日だと、タオルと館内着付きで1030円
これに岩盤浴をプラスしても1260円
施設の立派さを考えると、割安料金と言えると思います。

到着したのはもう夕食時でしたので、まずは食事処に向かいます。

施設内には、他に煮ぼうとう屋もありますが、
前回来たときに内容の良かった

里山料理「野の花」さんを選びました。
DSC00259

和食膳が充実したラインアップ。
豚肉は山形の平牧三元豚を使っているようです。食材へのこだわりを感じますね。

DSC00260

店内に入ると、古民家風の洒落た内装。
テーブル席が並んでいます。

DSC00258

しかし、前回もそうでしたが、もっと落ち着く半個室に案内してくれました。
掘りこたつ形式です。
格子窓から、廊下越しにお庭が眺められます。

DSC00245

メニューは、私の好きな海鮮系が充実してます。
DSC00244

北海丼(1680円)をチョイスしました。
鮭、いくら、ホタテ貝、甘エビが載っていて、勿論おいしいです。

DSC00252
埼玉県で、このくらいの海鮮丼がこの値段で食べられるなら十分満足です。

連れは、お店御薦めの「野の花御膳」(1680円)
オクラも海老も立派な大きさでした。
DSC00249
にぎり寿司もおいしそう。これにお蕎麦も付きます。
DSC00247
おいしく頂きました。

ただ残念なのは、前回もそうでしたが、店内が意外と五月蝿い。
宴会席が近いようで、酔客の大声がよく響きます。
子供がいなくても、完全に大人の雰囲気にはならないようですね。

廊下の向こうは、縁側になっていて庭を眺められます。
建物とともに、いい雰囲気です。

DSC00262
喫煙所になっていなければ、もっとゆったり出来る空間ですね。

食事も済んだので、次はいよいよ温泉へ。
ホームページを見ると、大浴場も十分良さそうなのですが、
追加料金を払って、予約しておいた貸切個室に向かいます。

6畳部屋と8畳部屋の二種類あります。
広さは六畳間で十分なのですが、予約でいっぱいでしたので
この日は八畳間の竹笛(2時間4200円)を確保しました。

DSC00279
中はこんな感じ。
飲食の持ち込みは不可ですが、
3000円のコース料理を注文して、室内で食べることはできます。
お茶のセットは置いてあります。

DSC00265

何と言っても素晴らしいのが、この露天風呂
奇麗な竹庭とともにひとりじめです。
DSC00270
お湯が、じゃばじゃば注がれてます。
DSC00282
泉質は、すこしヌメヌメしたアルカリ性の良いお湯。
DSC00281
洗い場はこんな感じ。
露天風呂なので、冬はちょっと寒い。

DSC00274
泉質が良いので、風呂に浸かってしまえば直に暖まります。

とっても、癒されました。

もう一時間、長く予約しても良かったくらい。
追加料金を払っても、温泉旅館に一泊するのと比べたら安いものです。

恐らく、12歳以下入場不可という客数を減らしかねない制限や、
建物や庭のセンスの良い造りは、隣接するゴルフ場の付帯施設という位置づけだから出来たのでしょう。

日帰り温泉単独としては、経費がかかり過ぎている気が・・・。
どうせなら、安定経営のためにもう500円、入場料を上げてもらっても良いと思うくらい。

ここから多摩地区までは、関越道を使って1時間足らず。
家に帰ったら、あとは寝るだけなので、上りの渋滞が解消するまで
休憩所の座敷でノンビリしても良いでしょう。

関越方面に出撃した帰りは、ここに寄るのが定番になりそうです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
深谷花園温泉「花湯の森」
spa.hanayunomori.jp/

埼玉県深谷市人見薬師堂888
10:00〜23:00(土日24:00)
あり


大きな地図で見る
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村


 

Return Top