多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

らーめん『ななふく』@武蔵小金井〜行列のできない?醤油らーめん


数年前に「行列のできない激うまラーメン」というテレビ特番に登場していた
らーめん🍜ななふく」さん。JR武蔵小金井駅から、小金井街道を北へ5分ほど歩いた先にあります。

先日は予期せぬ「不定休」に阻まれましたが、諦めずに再訪してみました。
確か番組によると、「入り口が通りに面していないビルの路地にあって目立たないのが、うまいのに行列ができない理由」との説明だったはず。
確かに入り口はビルとビルの間の狭い通路の先にあります。
それに店の前に立ったところで、暗唱キーの付いた扉から入るのか?横のガラスの引き戸から入るのか分かりづらい。
大きめに「入り口」と札にでも書いて貼っておけば良いのに・・・。
もはや、分かりづらいことを「ウリ」にしているかのようです。

平日の夕方早めの時間、中に入ると先客は一人。
カウンター席のみの小さなお店です。
男性が一人で切り盛りしています。
飾り気のない店内は、ラーメン屋としてはかえって好ましい感じ。
ラーメンの雑誌が何冊かカウンターに置いてありましたから、その後もマスコミには取り上げられているようですね。メニューは基本、醤油らーめん、塩ラーメンとみそラーメンの三種類で、トッピングを追加できる程度。
店の一押しは、赤字で書かれた醤油味のラーメンのようです。
その中から、表の電光置き看板に書かれていた「ワンタンめん」を注文してみました。
看板メニューって言いますからね。

テーブルに置かれた調味料は、お酢と胡椒と七味。
こちらもシンプル。
程なくして配膳された「ワンタンめん」(750円)
トッピングは、ワンタン、チャーシュー、メンマ、ナルト、ほうれん草。
濁りなく澄んだ醤油スープが、実に美味しそうです。
飲んでみると、鶏ガラ主体で煮干しや生姜が効いた、昔ながらの優しい東京ラーメンのスープ。
これは美味しい❗️
そうそう、こんなスープには胡椒を少しだけ入れると、また一段と美味くなります。
ラーメンってこれで良いんですよね。
こんな原点回帰したようなラーメン屋が、もっと増えてくれると嬉しいのです。

麺の方は中細麺。
向かいの「豊潤亭」さんの麺が独特だったので、比べると特徴には乏しいかな。
まぁ、毎日でも食べたくなるような麺とも言えて、悪くはありません。

ワンタンも美味しいけど、これも強い特徴はないかな。

チャーシューは一枚で、味がしみてますけどボリューム的には少し寂しい。ご馳走様でした。
スープ完飲しても胃もたれしません(喜)

トッピングやスープを含めて、全体的には優しく懐かしい味のラーメン。
飲んだ後の〆に食べたりしたら最高でしょうね。

これで麺が特徴のある自家製麺であるか、あるいはもう50〜100円安くてお得感があると常連になって通ってしまいそうなお店。
私の好きな系統のラーメン屋さんなのでした。


【らーめん ななふく】
■所在地   東京都小金井市本町5-15-9 
■営業時間  11:30~15:00  18:00~23:00(スープ無くなり次第終了)
■定休日   不定休
■最寄駅   JR中央線武蔵小金井駅 北口徒歩5分
■駐車場   なし(周辺にコインパーキングあり)



 

Return Top