多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

WHAT’S NEW

More

手打ちそば「にはち」@西武新宿線 武蔵関駅北口〜“にはち”と名乗って実は“十割”


西武新宿線武蔵関駅は、ギリギリ都区内の練馬区内。
西武新宿線もこの駅から東側は正真正銘、憧れの東京23区(笑)
この手のヒエラルキーを気にしだしたら、きりがないですけどね。

南口側には洋食の名店「三浦亭」がありますが、北口側には美味い蕎麦屋があると聞いて、再びこの駅に降り立ちました。
向かったのは、手打ちそば「にはち」さん。


🌀アクセス

店の所在地は、東京都練馬区石神井台7丁目
最寄り駅西武新宿線武蔵関駅からは、北口に降りて徒歩3分ほど。
店の駐車場はありません。車で来たなら周辺のコインパーキングに駐めることになります。

武蔵関の駅前には、南口側にも昔ながらの商店街がありましたが、北口にも商店街が残っています。
住めば暮らしやすい街なのかもしれません。

店へは駅の東側を南北に通る、歩道がない割には交通量の多い道を北へ進み、石神井川に架かる庚申橋を渡ってすぐのところ。駅からは近いですし、車で来ても新青梅街道から入ってすぐのところ。
コインパーキングさえスムーズに見つけられれば、車でも電車でも訪問しやすい店と言えます。


🌀外観と店内の様子

お店はマンションの一階部分。
隣にあるこれも雰囲気の良い割烹とスペースを分け合っているので、間口は狭めです。
飾り気のない入口部分には、簡単なメニューと、本日のそばの産地が貼り出されています。
今日の蕎麦は、茨城県の常陸大宮産

店内はやはり広くはなく、四人掛けと二人掛けのテーブルが一列に並ぶのみ。
こじんまりしています。
厨房にはご亭主が一人、それに花番さんが一人の態勢。
内外装にはあまり頓着していない様子ですが、シンプルで和風古民家的な趣は好感が持てます。
壁には「もり、田舎ともそば粉100%で店内の石臼で挽いた粉を使用しています」と、手書きの小さな一枚紙で掲示されいます。
それ大事なとこですよね。
もっと大きくアピールするべきじゃないかな!!(笑)


🌀メニューと料理

メニューを見ると、冷たい物(蕎麦)と・・・
温かい物(蕎麦)
があって、品数はシンプルで価格設定は強気なもの。
産地を表示しているところからも、蕎麦にはかなり自信があることが伺えますが、ページを捲ると、さらに「うどん」までありました。
蕎麦を二種類手打ちするのだけでも大変そうなのに、うどんまで打つとは全く恐れ入ります。

日本酒の品揃えも、うまそうな純米酒ばかり揃えてあって誘惑が強い!
しかし、この日は開店前の早い時間に到着してしまったので、食後に寄るつもりだった喫茶店に先に入って、甘味まで食べてしまいました。
もうそんなには食べる気がしなかったので、注文したのは
「つけとろ(蕎麦)」(1,080円)食器は、黒木枠のせいろと根来塗チックな朱色の碗。
こんな根来塗の器やお盆を探しているのですが、手頃なものはまだ見つけられずにいます。
この素朴な木彫りのお盆も民芸調で良い!

蕎麦は蕎麦粉100%とは思えないほど、細切りで整っています。
わずかに星が散った蕎麦は、手繰ると蕎麦の風味が感じられて喉越しも滑らか。

メレンゲ状に泡だてられたつけとろは、なるほど、蕎麦によく絡みます。

サービス精神旺盛な蕎麦湯は、ねっとりと白濁したもの。
ケチをつける隙がないような、美味い蕎麦でした。
ごちそうさまです。
この店は蕎麦の価格設定は強気ですが、そもそも産地にこだわった生粉打ちの蕎麦ですし、内外装にあまりお金をかけてないのようなので(違っていたら申し訳ない)、これが適正価格なのだろうと、妙に納得してしまうところがあります。

蕎麦粉100%なのに店名を「にはち」と名乗っているのは、以前は本当に二八蕎麦がメインだったからだそうです。
「十割」蕎麦にしても、「二八」と同様に喉越しの蕎麦が打てるようになったので、メニューは「十割」蕎麦のみとしたけれど、店名は変えずにそのまま「にはち」にしたってことなのでしょう。

それが蕎麦打ちの技量が上がったってことなのか、蕎麦粉の質を上げたからなのか、はたまた粉の挽き方や粉の保管を改良したからなのか?、私なんぞには解りゃしませんが、客としては美味い蕎麦が食えるならそれで万々歳です。

汁なしのおかわり蕎麦もできるようなので、次の機会には「田舎」と「もり」の食べ比べを是非してみたいですね。
「田舎」はきっと、風味がもっとありそうなので楽しみです。


【手打ちそば にはち】
■所在地   東京都練馬区石神井台7-9-6
■営業時間  11:30-14:30  18:00-21:00
■定休日   火曜日
■最寄駅   西武新宿線武蔵関駅 下車徒歩3分
■駐車場   なし(周辺にコインパーキングあり)



 

Return Top