多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

キッチン美味小屋@甲府市湯村温泉〜注文の多いとんかつ店の絶品銘柄豚


この夏も甲信方面へ恒例のドライブ旅行。
いつもの通り早めに仕事を切り上げ、渋滞開始前の中央高速を走り抜け、
甲府市の湯村温泉♨️へ。定宿になりつつある湯村ホテルにチェックインした後、夕食をとりに向かったのは、海鮮も郷土料理も美味くてお気に入りの「割烹 花月」さん。
ここまで全て順調、予定通り。・・・のはずが入り口の前まで行って見ると、えっ?何と「木曜定休」!?
こんなに幟が出ているのに???
そうか、いつもは金曜日の夜に泊まることが多かったから「木曜定休」とは気がつかなかった・・・。
⤵︎⤵︎一気に駄々下がるテンション😭

そうとなれば気を取り直して、早く他の店を探さなければなりません。
小さな温泉街をひと歩きすると、如何にもな風情のラーメン屋さんなんかもありますが、花月で食べるつもりだった刺身定食と比べると何か寂しい。

そこでスマホでGoogle先生を呼びたして他にも店はないか聞いてみると、大通り沿いにとんかつ屋があるとのこと。
しかしながら、良い評価と悪評が混在していている様子。

某巨大グルメサイトで見ると、こちらでも評価がパラついていてどんな店なのか判然としません。
妻殿にお伺いをたてると「とんかつ屋に行ってみようか?」とのご提案。

まずは行くだけ行ってみようかと向かったのは、
甲府富士屋ホテルの道向かいにある「キッチン美味小屋」(うまごや)さん。 小さなビルの一階に3店並んでいる飲食店のひとつ、こじんまりしたとんかつ屋さんです。 店の正面に立つと、暖簾は白くて綺麗で清潔感があるのですが、隣は普通の居酒屋ですし正直あまり期待感が高まって来ません。
外観はどこにでもある町の小さな定食屋ですよね。
元々他の店に行くつもりでしたし、テンションがなかなか戻りませんね。

店内に入ると、まだ18時を過ぎたばかりなのに、もう家族連れや一人サラリーマンなど、数組がテーブルについていました。
ほぉ、結構賑わってますね。

席は、テーブルが3つと、畳の小上がりに4人用の座卓が3つ。老夫婦二人で切り盛りしているようで、旦那さんが厨房で黙々と調理、女将さんがフロア担当で忙しそうに動き回っていました。

メニューを見ると、通常のとんかつ定食の他に、有名どころの名高い銘柄豚🐖のとんかつが並んでいてちょっと驚き‼︎
スペインのイベリコ豚、神奈川の高座豚、沖縄のアグー豚、他にも山形平田牧場の三元豚金華豚フジザクラポークなど7〜8種類もあります。
こんな地方都市の小さな食堂なのにねぇ(失礼🙏)、こりゃ凄いや。ただ、注意書きもいろいろ沢山書かれていて、曰く
「命をいただく行為なのだから食べ物は残さないこと」
「銘柄豚には塩だけ。ソースは出さない」
「岩塩を用意したが、最初は何もつけずに食べてみて」
「女性のご飯は少なめにしているが、残さずに食べきれるなら増やすから声をかけて」
など

書いてある内容に理解はできます。
ベジタリアンにも信心深い仏教徒にもなりきれないのなら、せめて食べ物を粗末にしないようにすべき。
高価な銘柄豚の繊細な味の違いを堪能するなら、ソースなんてかけてたらそりゃあ台無しになるでしょう。
ソースをたっぷりかけて食べたいなら、銘柄豚ではなく割安な普通のとんかつ定食を注文した方がリーズナブルだし、勿体無くもない。
塩さえかけずに食べて欲しくないってのは、豚肉の質にそれだけ自信を持っているってことでしょう。
(おっI そこまで拘って言い切るなら、目一杯期待しちゃおうかな♬)
ご飯の量については、今まで無駄に残す人が多くて我慢できなくなったのかな。
・・・まぁ、田舎のおばあちゃんが口を酸っぱくして躾けてくた以上のことは書かれてないわけです。

ただ今までの経験だと、注意書きが多い店でそれに見合った味の料理が出てくることは寧ろ少ない・・・
ってことで、まだまだ内心は疑心暗鬼。

でも勿論、これだけの種類の銘柄豚が揃っているなら、一番美味そうな銘柄豚とんかつを注文せざるを得ません!
華麗なラインナップに目移りして、かなり迷いましたけどね。

結局私が注文したのは、豚肉の世界チャンピオン
「イベリコ豚のロースかつ定食」(2,200円税別だったかな?)
さすがに高価なイベリコ豚ですから、この値段でもトンカツの量は少なめ。
とんかつの並べ方は面白いですね、切り口が全部上を向いて並んでいます。
イベリコ豚の肉質を良く見てもらいたいってことか、ふつうに並べたら量的に見た目が寂しくなってしまうってことか、あるいは下側の衣が皿についていると脂でベチャッとしてしまうからか?

ちなみに左手前のお茶碗が男性用のご飯、右上奥が女性用のご飯で確かに少なめ。
妻殿は私より大食いで、私はカロリー制限中だったので、 ご飯を交換して両者丸く収まりました(笑)
食べてみると、さすがイベリコ豚ですからドングリの味がします・・・
と言ったらさすがに大袈裟ですけど、独特のコクや旨味を味わいとることができます。
脂身は少なめ。
これ、美味しい♪
イベリコ豚のトンカツを食べるなんて、私にとっては滅多にない貴重な体験ですから、この味をよく覚えておくことにしましょう。

そして妻殿の注文したのは、
「高座豚のヒレかつ定食」(確か1,900円)
こちらのトンカツも、小さな塊が3つ並んだ見慣れない配置。
ひょっとすると希少部位なのかな?

一切れ分けてもらって口にした感想は、「柔らかっ‼︎」「何これっ!? 美味っ‼︎」
って感じ。
「揚げる前に繊維を叩いて柔らかくした」なんてレベルの柔らかさではありません。
だからって味がスカスカなんてことはなく、しっかり美味しい。
高座豚のヒレってこんな味がするんですね。
テンションは急回復⤴︎⤴︎⤴︎
別皿のサラダやフルーツもセットになっていて、全体でそこそこボリュームがありましたが難なく完食。

食後にコーヒーゼリーも出してくれました。
これ、手作りですよね。
正直、花月さんの定休日に当たってテンションが下がり気味だったことと、店構えがパッとしていなかったので、途中まで期待感が上がらずに半信半疑の状態でした。
そのせいで撮った写真も少なめだし、メニューの名前や価格も少々あやふやです。
ゴメンなさい(笑)
ここは高級感には乏しい店ですが、豚肉に対して熱い情熱を持った素晴らしいトンカツ屋さんでした。


それにしても、食べ比べてみたい銘柄豚が7〜8種類もある上にロースとヒレが両方あったりするので、二人でシェアして食べてもあと5~6回は来ないと一通り味わうことができませんね。

一度は銘柄豚以外のとんかつ定食を注文して、ソースをベッチョリつけたのも食べてみたいですし。
湯村温泉に来たらやっぱり花月さんにも寄りたくなるでしょうから、これはあと何回この温泉にくれば良いのやら??
これは困ったことになりました♬

ところで、ネット上の評価が割れているのは、注意書き(禁止事項)が多くて合わない人はゲンナリしてしまうことと、女将さんが一見無愛想なことと、ご夫婦二人だけで切り盛りしているのでピーク時にはテンテコ舞いになるってことからですかね。
(某巨大グルメサイトには100件近い口コミがアップされていて、とても全部目を通す気にはなりませんが)

でも、家族連れの子供への声の掛け方など見ていると、一見強面に見える女将さんも、言ってみれば「立ち居振る舞いの躾けには特に厳しかったけど、実際には気の良い人だった実家のお婆ちゃん」と私には何だかダブって見えてきます。

ですから、ここの店に行く時には「田舎のお婆ちゃんの家にご馳走になりに行く」か、「身分違いに高級な料亭に紛れ込んでしまって、もう店のルールに従うしかない」ような気持ちで食事をすると、きっと幸せになれるんじゃないかな?
(全然、ピンッときませんかね?)

私は幸せになれましたし気に入ったので、また必ずお邪魔するつもりです😃

(口コミサイトを斜め読みしていたら、店内撮影禁止の注意書きがあるとの書き込みを見つけたけど、そんなのあったかな? 以前はあった?? 見落としてたのなら御免なさい)


【キッチン美味小屋】(うまごや)
■所在地   山梨県甲府市湯村2-6-22
■営業時間  11:30~14:00 17:30~20:00
■定休日   火曜・水曜(祝日の場合は営業)
■最寄駅           甲府駅からバス・湯村温泉入口バス停下車
■駐車場   裏手に3台分



 

Return Top