多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

WHAT’S NEW

More

うなぎ成田新川@千葉県成田市〜でかい!安い!ショッピングセンターで新川重


ドライブ旅行の途中、千葉県成田市内で夕食をとることになりました。
狙うのは、印旛沼と利根川に挟まれたこの地域の名物である
成田山新勝寺の門前に行けば、有名な鰻屋がいくつかあるのですが、参拝客がいなくなる夕方以降はどこのお店もほぼ閉店。

週末の夜に、市内の他の雰囲気の良い店に予約もなしに行って、果たしてスムーズに席につけるのか?大いに不安なところ。
それでも夜営業の始まりの時間に一番乗りできれば、まぁなんとかなるかと思っていたのですが、生憎市内への到着も遅くなってしまいました。

それでは、ここなら敷居も低そうだし平気だろうと、京成成田駅から600mほどのところにある、イオンタウン成田富里店2階
「うなぎ成田新川」さんにやって来ました。
ショッピングセンター内の店舗ですから、駐車場の心配はいりません。
営業時間もショッピングセンター内の他の店舗と同じく、午後の休憩のない昼から夜までの通し営業となっているので、時間の読みきれない旅行者には有難い。

「うなぎ新川」さんの本店は、郊外にある鰻問屋直営の有名店で、予約も取りづらい小さなお店なのですが、ショッピングセンター内のこの支店なら、予約で一杯なんてこともないでょう。

暖簾をくぐって中に入ると、期待通り、まだ席は半分以上は空いていました。
やれやれ一安心です。
店内の雰囲気としては、まぁショッピングセンター内の店ですね。
高級感はありませんが、清潔感はあります。

しかし、鰻問屋直営のお店ですから、鰻の質に不安はありませんが、まさかショッビングセンター内で煙を盛大にたてながら炭火で調理できるはずがありません。
火はガスか電気か?何れにしても、焼き具合だけが心配ではあります。

思わず調理場の方を眺めてみましたが、焼いている様子を見ることができませんね。
まぁ、詮索はほどほどに、気をとりなおしてメニューを見ます。
外税ながら「うな重」2,000円、うなぎの量が五割り増しの「新川重」2,500円
事前に調べてはいましたが、今時この価格はとってもリーズナブルで嬉しい限り♬
量的には「うな重」でも十分なのですが、「新川重」のボリュームを体験したくなったので、私が「新川重」、妻殿が「うな重」を注文しました。

焼きあがるまで手持ち無沙汰ですから、「肝焼き(2本)400円」も注文。
これもお安い!食べて見ると、柔らかくてふっくらした肝焼きで、絶妙な焼き具合とまではいかなくても、チョイ焦げ目が入っていて悪くない。

テーブルの上には粉山椒とたれがあって、山椒は緑色!
これもコダワリでしょうか。
風味が強くてピリッと辛いので、掛けすぎには注意です。

そうこうするうち、20分ほどで鰻重が到着しました。

まずは、私の注文した「新川重」(2,500円)
蒲焼が一匹と半分載っていて、お重からはみ出しています!
はみだしただけ細長いせいでしょうけど、お盆への並べ方も縦長にしてあって、なんだか妙なビジュアル(笑)
贅沢感は二重丸!

表面を見ると、軽く焦げ目がついていて、炭火で焼いてはいなくても、焼きが甘いって感じはしませんね。

こちらは、妻殿の注文した「うな重」(2,000円)お重一杯に蒲焼が載っていて、これでも量的には全く不満がありません。
他の店なら、鰻重(松)と十分名乗れるでしょう。

お吸い物も、肝がしっかり入った「肝吸い」。
安いからって、手抜きはありません。

うなぎの身は、厚くも薄くもない標準的なもの。
鰻の質は上々で柔らかいのですが、脂を落としきらずに残したような蒸し具合と焼き具合。
タレは甘ったるくなくて、軽めの味。
蒸し具合やタレの味については、地方ごとに好みも分かれるでしょうけど、「美味しい」と思える味の鰻重でした。
そもそもこのボリュームの鰻重がこの値段なら、文句なんて一言もありません。

敷居が低くて便利で安い。
いつかは新勝寺門前で鰻重ランチもしてみたいですが、ここも使い勝手の良い、オススメな鰻店です。


【うなぎ成田新川】(イオンタウン成田富里店)
■所在地   千葉県成田市東町133 イオンタウン成田富里 2F
■営業時間  10:30~20:30(L.O)
■定休日   不定休(イオンタウンに準じる)  
■最寄駅    京成成田駅下車 徒歩8分  
■駐車場   有り



 

Return Top