多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

「うな菊」@調布駅南口〜良心価格のふっくら鰻重


連日、冗談のような猛暑日が続いている7月の週末、所用を済ませに意を決して調布駅南口まで出かけました。
駅前通り沿いのこの一角には、東急ストアやらドラックストアやら百均なんかが並んでいて、高級感はないけれどリーズナブルな買い物ができますね。しかし一通り用事を済ませた昼過ぎには、もう外の気温は35℃超え。
少し歩いただけでもう汗だくです。
ここは自らの健康を守るため、直ちにスタミナをつける行動をとるべきだと、脳内のサイレンが鳴りだしました。

すると東急ストアの北隣、ダイソーが入るビルの地下一階に、うまい具合に「うなぎ専門店」がありました。

浜名湖直送の活鰻を使用している、うなぎ専門店「うな菊」さんです。食事処との暖簾は掲げられていますが、どちらかと言えば「持ち帰り」の方がメインに見えるお店です。
ここでビタミンB1の補給をしていくとしましょう。


🌀アクセス

「うな菊」さんの所在地は、調布市小島町2-51-3 ロイヤルプラザ地下一階
ダイソーの売り場に囲まれた、フロアの隅の方の一角に店はあります。

最寄駅は、京王線調布駅
南口に降りて徒歩わずか3分。

駐車場はありませんが、駅近ですから周辺にコインパーキングは多数あり。
隣の東急ストアで買い物すれば、2時間無料となる駐車場が道向かいにあるので、東急での買い物とセットで訪問すれば実質無料にできるかもしれません。


🌀外観と店内の様子

通りからビルの階段を降りて店の前に立つと、「なんでこんな所に鰻屋があるの??」って感じの、なんとも場違いな雰囲気のお店があります。
良くも悪くも高級感はありません。

庶民感覚としては、敷居が高く感じなくて気軽に入れそうなところは好ましく感じます。
ただ、間違っても接待等には使えませんけどね(笑)
店に到着したのは13時半ごろ。
暖簾がまだ出ていて、中に二組ほどお客が入っていたのですが、
「丁度ご飯が終わってしまったので、食事は終わりです」とのこと。
(ガァーン!!涙)
持ち帰り用の鰻の販売は夕方までやっているけれど、炊いたご飯がなくなった時点で食事処は終了してしまうようです。

すっかり鰻を食べる気になっていたので大ショック(哀)

すると、余程残念さが顔に出てしまっていたのか、
「あと30分待ってくれれば次のご飯を炊けるので、それで良ければ……」との有難いお言葉をいただきました。

鰻屋で30分待ちなんて、待ったうちにも入りません!
二つ返事で了承して、暖簾をくぐりました(喜)

食事処にはテーブル席が4つ。
それほど大きなスペースではありません。
持ち帰りの鰻がメインのお店に付属するイートインスベースって感じです。
カウンターの方を見ていると、結構持ち帰り用の鰻が売れていきます。
こう暑いとみんな考えることは同じで、鰻でも食べたくなるのでしょう。
土用の丑の日も近いですしね。ガラス窓の向こうでは鰻を焼いています。
ビルの地下にあるお店ですから、流石に炭火は使えませんが、
「次は自分たちの鰻かな?」などと考えながら、職人が鰻を焼いている様子を見ているのも良いものです。


🌀メニューと料理

メニューを見ると、うな重が(梅)から(特上)までの5種類に、キモ焼きとビールのみ。
シンプルなメニュー構成です。
お店の方に鰻重の違いを聞いたところ、鰻の質は同じで量が違うとのこと。

即ち、持ち帰りコーナーにある1,450円の蒲焼がのった鰻重が(梅)、1,700円が(竹)、1,900円が(松)。
さらに、(上)は松串とご飯の中に竹串が埋まった二段重ね、(特上)は松串の二段重ね…だそうです。
2段重ねの(特上)でもこのお値段なら、昨今の鰻相場からすると格安だと思います。
しかも、鰻は浜名湖産活鰻って言うのだから嬉しいじゃないですか!!

ランチでもありますし、ボリューム的に(松)で不満はないと判断し注文。
「もう少しですからね」などと声をかけてもらいながら、30分を少し切るくらいで配膳されました。

こちらが「うな重(松)」(2,250円)
肝吸い、冷奴、浅漬け・奈良漬の小鉢つきです。

蒲焼の大きさはこんな感じ。
そこそこ身が厚くて、プックリしています。
焼き加減は、香ばしさが出るくらいの火の入りで、焦げて硬くなるようなこともなく、文句は何もありません。

橋を入れると、フワッと柔らかで油断すると崩れてきそう。
しっかり蒸された関東風の蒲焼ですね。
口に運ぶと、鰻の風味だけが広がって、脂の重さは感じないさっぱりめな味。
タレもそれに合わせるように、甘さ控えめのアッサリ味です。

脂の重さもタレも甘みもコテコテに思い蒲焼も嫌いじゃないのですが、夏バテ気味の時にはこんな鰻の方が美味しく感じますね。

高級肉でも鰻でも、脂が重いと途中で箸が止まってしまう妻殿も、ご機嫌でスッと完食してました。

掛かってるタレの量は控え目でしたが、テーブルの上に山椒と並んで「たれ」も置いてあります。
汁だくご飯が好きな方も、これを掛ければ満足できるでしょう。

お吸い物を見ると、小さめだけど紛れもなく肝吸いです。
お値段を考えると、これでもう十分に満足です。


ごちそうさまでした。

しっかりした構えの店でリッチな気分で食べる鰻も大好きですが、予約なんてしなくても食べたい時に気軽に、かつ安く食べられる鰻の店も、近所にあってくれれば嬉しいです。

ビタミンBもAも補給できたので、これでこの夏の酷暑を乗り切りたいところですが、今年はあと1〜2回は鰻重を食べないと無理かもしれません(笑)


【鰻専門店 うな菊】(うなぎく)

■所在地   調布市小島町2-51-3 ロイヤルプラザB1
■営業時間       10:00-18:00 (ご飯がなくなり次第、食事は終了)
■定休日   無(お盆・正月のみ)
■最寄駅   京王線府中駅 南口下車徒歩3分
■駐車場   無し(周辺にコインパーキングあり)


Return Top