多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

『にんにくや』@小平市〜プレスにんにく投入ラーメン


西武線小平駅から南へ伸びて国分寺街道に接続する「あかしあ通り」。
この通り沿いに、夜だけ営業している人気のラーメン店があります。
お好みの量だけ自分でニンニクをプレスして投入し、味を調整できるというスタイルの
にんにくや」さん。日曜と祝日も休みだし、店構えも大きくはないので、名前が知られいるのに目立たないお店です。

この日は妻殿が外食してくるというので、ふと思い出して一人で出かけてきました。


🌀アクセス

「にんにくや」さんの所在地は、小平市学園東町436。
最寄駅は西武新宿線の小平駅か西武多摩湖線の一橋学園駅ですが、どちらの駅からも歩くと15分程度はかかってしまいます。

なら、あかしあ通りの学園東小東交差点を目印にしてそのすぐ北側。
お店の向かい側、道路の西側に面した月極駐車場に奥から4台分、専用の駐車場が用意されています。
ちょっと狭くて停めずらいんですけどね。

その他はこの辺り直近には、どういうわけかコインパーキングが見当たらないのが不便なところです。


🌀外観と店内の様子

ここは何せ日曜も一日営業していないものだから、前の道を通ることはあっても店が開いているのを見た記憶がありません。
店の場所も、だいたいの位置はわかるけど今ひとつ覚えていないので、カーナビを確認しながら駐車場に車を停めて初訪問です。

お店は二階建て雑居ビルの一階部分に入居していて、お隣はオレンジ色の看板のレンタカー店。
よくある街の小さなラーメン店って感じです。
ネオンがギラギラ光ってるわけでもないので、営業時間内に来てもあまり目立たない店構え。
人気店だと聞いていたので、19時から営業のところ、19時10分頃の訪問。
一番乗りくらいかと思っていたけど、外から様子を伺うとカウンター席は既に半数以上埋まっていました。
噂通り人気店のようです。

店内に入ると、気さくで大変好感のもてる声掛けをしてくれる店主が、一人で店を切り盛りしていました。
食券売り機が見当たらなくて一瞬躊躇していると、すぐ左手のテーブルの上だとのこと。
お水は最初の一杯も含めて、その券売機の隣に置かれた給水機でのセルフサービス。

席は厨房を囲んでL型配置のカウンターに10席程度と、狭いながらも清潔感のあるこじんまりとしたラーメン店です。
店内の壁際には、席待ち用のベンチが設置されているので、時間帯によっては行列ができているのでしょう。

カウンターの上には、噂に聞いた「ご自由にどうぞ」の皮抜きニンニクがたっぷり。
横にはセルフで潰すクラッシャーが添えられています。
「たくさん剥いてあるから、遠慮いらないよ」って言われている気がして、小市民的にちょっと嬉しい(笑)成る程こうして見ると、初めから擦り降ろしてあるニンニクがあるよりも、食べる直前に自分でプレスしてラーメンに投入した方がニンニクがフレッシュで、より美味しく感じられそうです。


🌀メニューと料理

メニューとしては、基本「らーめん」「みそらーめん」の二種類のみ。
それに海苔チャーシューのトッピングを選び、あとは別皿の半熟味卵追加するかどうかというシンプルな構成。
先客はこれに替玉を追加している方が多かったですね。

ニンニクを投入するなら味噌味の方が合うかな?と考えて「みそラーメン」の食券を購入し、空いていたカウンターの隅の席に着きました。
待つこと3分もかからず、ちょっとびっくりするほど早いタイミングで配膳されました。
こちらが「みそらーめん」(800円)

海苔の下には大きめなチャーシューと刻みネギ。

麺はストレートの細麺。
知らなかったけど、九州ラーメン系だったんですね。

白濁したスープは想像したほど味噌味が強くなく、「味噌風味」って感じで拍子抜けするようなあっさり味。
そう言えば、閉店してしまった八王子の「九州らーめん桜島」の味噌玉を溶く前のスープがこんな風味だったような?
とにかく「これをベースにニンニクで味を好きに調整してください」ってことなんですね。

ということなら、とりあえず二粒クラッシュして投入。
・・・おっ、だいぶパンチが効いてきて旨味が引き立ってきました。
調子に乗ってもう一粒投入。
・・・悪くないけど、私には少々キツくなってきたかな。
うん、次回はふた粒だな。

ちなみに薬味は胡麻と紅生姜、使わなかったけれど他に多分胡椒と一味がありました。

価格はただの味噌ラーメンにしては強気な設定かなと思いましたが、このチャーシー、厚みがあって旨いですね。
これなら十分満足です。
ごちそうさまでした。

客層を見ると、若い人ばかりでもなく女性や家族連れもいて多彩。
ニンニクをクラッシュして投入するイベント性が楽しいし、味も調整できて替玉で量も増やせるので万人受けするのでしょう。
立地は駅から距離があって便利とは言い難いんですけどね。

それに、店主がお客のことをよく覚えているようで、いろんな方に気さくに声をかけていたことが印象的でした。
客商売の基本でしょうかね。

私も気分良く帰宅したのですが、帰ってきた妻殿から「何食べてきたの?ニンニク臭い!」との強いクレームが。
自分では気づかなかったけど、生にんにく3粒も食べれば臭うよね(汗)

ん?・・・あぁ、そうか!
これじゃあ、平日の昼間なんて食べて行ったら仕事先で怒られちゃうね。
夜しか営業してない理由がやっと解りました(笑)


『にんにくや』
■所在地   小平市学園東町436-1
■営業時間  19:00-26:00(スープがなくなるまで)
■定休日   日曜日・祝日
■最寄駅   西武国分寺線 一橋学園駅
■駐車場   有り(道路向かいに4台)



 

Return Top