多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

サンセット十六羅漢@山形県遊佐町〜鳥海山麓アゴ出汁ラーメン そして秋田名物「ババヘラアイス」 


日本海に沈む夕陽が美しい山形県湯野浜温泉
庄内地方を旅行する時には、ほぼ定宿にしている素敵な温泉地です。
砂浜から北を望めば、秋田との県境にそびえる名峰、鳥海山が遠くにそびえ・・・
・・・るはずなんですけど、この日は霞んでよく見えませんね。
その鳥海山から湧き出る豊かな伏流水は、中腹で元滝伏流水などの涼しやかな景勝地を
生み出したり、
海に流れ込んで岩牡蠣などの海産物を育んだりしているのです。

ところで酒田市など庄内地方では、ラーメンはアゴ(飛び魚)出汁のサッパリ醤油スープのものが好まれているようで、三日月とか満月とか新月とか、なぜか月の名前がつくラーメンの名店が多くあるのですが、こちら鳥海山麓の日本海を望む景勝地「十六羅漢岩」にも、アゴ出しラーメンの人気店があります。十六羅漢岩の駐車場内にある「サンセット十六羅漢」さんです。観光地の広大な駐車場ですので、車は楽に停められます。
建物の中に入ると手前にお土産コーナーがあり、その奥が飲食スペース。
道の駅と同じような造りになっています。
飲食スペースにはカウンター席が並んでいて、至って気軽に入れる雰囲気。
天井が高くて清潔感があり、海が見える窓側が特等席なのですが、この日は残念ながらほぼ満席。
やっと端っこに、二人分の席を見つけて座ることができました。
旅行ガイドにも良く掲載されていることもあって、人気店ですね。

注文は食券方式。
メニューは、「とびうおラーメン」と、それに青さ海苔をトッピングした「夕日ラーメン」の二択。
初訪問ですし、オーソドックスに「とび魚ラーメン」を選択しました。
価格は650円と、リーズナブルなお値段設定。

お客さんが結構いたので、15分くらい待って配膳されましたよ。
トッピングは小さめチャーシュー2枚にメンマ、刻みネギとシンプルなもの。

スープの色は澄んだ飴色で、尖ったところの全くない魚介出汁主体の上品で淡麗な味わい。
麺は縮れた細麺で、上品なスープをよく吸い込みます。
個人的には、もう少しコシの強い麺が好きでなのですが、食べやすい組み合わせであることは確か。

チャーシューは、ほんのオマケ程度の大きさ。
あくまで主役は淡麗スープと縮れ細麺。
水は鳥海山からの湧水を使っているそうですよ。

とんがった特徴がないところが特徴的なラーメン。
スープまで飲み切る頃には、ほんわかアゴ出汁のスープが体に染みてきます。
東京の唸るように旨味のあるラーメンと比べると、やや物足りなさは感じます。
でも朝昼晩いつだって、ふっと食べたくなる系のラーメン。
庄内が米どころでなかったら、このラーメンが主食になってたかも(笑)
うーん、やっぱり酒田市内にあるアゴ出汁ラーメンの別のお店も、いつか行脚してみたくなってきます。
満月さんだけは10年ほど前に行ったことがありますが、他にも名店が沢山あるようですから。


さて、ここ遊佐町は秋田県との県境の町。
国道沿いをドライブしていると、海を見おろせる駐車場にビーチパラソルとおばちゃんの姿がありました。
何年か前、秋田県内を旅行中にしばしば見かけた風景に「もしや・・・」と思って近づいて見ると、
やはり、秋田名物「ババヘラアイス」でした。
これが見られるのは秋田県内だけかと思っていましたが、2kmほど越境して山形県内でも売っていました(喜)

ババヘラアイスとは、文字通り「ババ」(ババァではない!!親しみを込めて姐さんのことをそう呼ぶ)が、
「ヘラ」でアイスをコーンに盛り付けて売ってくれるアイスの露店のこと。
可愛らしくお花の形に作ってくれます。

味は昔ながらシャーベット風の懐かしい味で、口がサッパリするようなくどくない甘さ。
乳脂肪分の高い高級アイスではありませんが、クソ暑くて汗まみれになりがちな夏の日には、こんなアイスの方が食べて美味く感じます。
イェ〜イ、海を見ながらババヘラアイス。旅情満点だぜぇ。
湯野浜温泉の旅館に戻れば、また晩ごはんにもご馳走が待っています。
食べ切れるかな?

・・・昨年はこんなドライブ旅行をしていました。
今年はもう8月も終わってしまいますが、来年はまた夏の日本海を見に行けますように。


【サンセット十六羅漢】
■所在地   山形県飽海郡遊佐町吹浦西楯7-30
■営業時間  10:00-17:00
■定休日   元日
■駐車場   有り

【ババヘラアイス】
主に秋田県内 夏季各所



 

Return Top