多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

WHAT’S NEW

More

庭園茶寮みな美@松江〜不昧公アレンジの鯛めし

松江でもう一つ食べてみたかった物に鯛めしがあります。
松江では料亭旅館として格式の高い、皆美館の中にある庭園茶寮みな美さん
で味わえます。


茶人大名として有名な松平不昧公が、自らアレンジした料理が原点だそうですが、
いろいろなレビューを見ると賛否両論。旨いという人もあり、ガッカリという人もあり。
だいたい想像がつきますけどね(笑)。
きっと味付けが薄味で上品すぎるのですね。

まぁ、食べてみれば分かるってもんです。

なんとも風格のあるエントランス。
でも、東京から予約してありますので、臆せずに進みます。

 庭園茶寮と名乗ってますから、よく手入れされた庭も美しい。
庭に面した席を用意してくれてました。早めの予約のお陰でしょう。

早速注文、鯛めし御膳「福」2,310円
噂の鯛めしに、カレイの姿揚げがセットになっています。

 

下の写真が、鯛めしの具。
鯛は刺身ではなく、そぼろ状になっています。
他、たまごの黄身、白身、大根おろしと薬味
見た目が上品でカワイイ。
何かの薬の調合でも始めるかのような盛りつけ。

おひつからご飯を茶碗によそって、この具をきれいに載せ、出汁をかけます。
鯛めしと言うより、鯛茶漬けですね。
こんな作業も、遊び心なんでしょう。

脂ののった刺身をそのままご飯に載せるのではなく、そぽろにしていますので、味は当然、
さっぱり上品になります。
出汁も弱めにしてあります。
このあたりが、賛否分かれる理由でしょう。

でも、元々が茶道で有名な殿様がアレンジしたご飯ですから、この一品で満腹、
満足にさせるような
ものではないのでしょう。
肴は他に用意してあるのでしょうから。
漁師料理とは違うということです。
贅沢な魚を使いながらも、華美にならず、枯れていて上品な見た目に仕立てたご飯を、
食事の締めにさらさらといただく・・・

という感じではないしょうか。

という訳で、鰻の白焼き(2,625円)を追加注文してみました。
宍道湖七珍ですし。

ご飯は2〜3膳分ありますので、鰻も載せて食べてみます。
当然、美味です(笑)

骨まで食べれる、パリパリの姿揚げが付いていますので、ボリューム的には十分だったの
ですが、松江まで来る機会は滅多にないので、つい贅沢に試してしまいました。


満腹です。

食後に庭を見させてもらいました。
大橋川を借景としていて、風情があります。
地面すれすれまで枝を張った、松の造形が見事です。
一本の木で、松の生えた山を表現しているのか?
面積としては広大とも言えない庭なので、小振りの植木というか、大きめの盆栽というか、
庭の広さと、この松の大きさのバランスが絶妙だと思います。
これ、枝の一本でも枯らしてしまったら、大ショックでしょうね。

腹も眼もセットで満たされました。

この「鯛めし」、私的には“あり”です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
庭園茶寮 みな美
島根県松江市末次本町14 (皆美館内)
(予約が望ましいかと)

大きな地図で見る
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村

Return Top