多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

WHAT’S NEW

More

日本一醤油@群馬県大間々町〜鍋にはポン酢『ポン酢の涙』

すっかり冬らしくなり、寒くなってきました。
冬と言えば「鍋」。「鍋」と言えば「ポン酢」ですね。

巳年用の年賀状ロケに群馬県の藪塚まで行ったついでに、老舗醤油蔵のポン酢を仕入れため、大間々町まで足を伸ばしました。

創業天明7年(1787年)、『日本一醤油』ブランドの岡直三郎商店さんです。

場所は、群馬県東部のみどり市大間々町、国道122号線沿いにあります。
最寄り駅は、わたらせ渓谷鉄道の大間々駅。
駐車場も、店の横に数台分あります。

ホームページによると
「日本一醤油のしょうゆはすべて本醸造、その中でも特に、木桶仕込の天然醸造醤油に こだわり、手間ひまをかけて造っております。
とのこと。
また、大豆は国産100%、小麦はなんと群馬県産100%にこだわり、代々受け継ぐ木桶で仕込んでいるそうてす。

これだけ、国産、地元産の食材にこだわっているなら、贔屓にしない訳にはいきません。


大きな木枠のガラス戸を開けると、


店内は、自社製品や関連商品の並ぶショールームのようになっていました。
以前来た時よりも陳列スペースが増え、あか抜けた雰囲気になってます。

レジ横の案内を見ると、奥の小上がりで珈琲が飲めるようです。
きっと、仕込みに使っている井戸水で淹れたコーヒーなんだろうと、思わず一休みしてしまいました。

他に、醤油ソフトクリームなんてものもあるようです。


昔ながらの商家ですね。趣があります。

さて、購入したのはこちら。

一番のお目当ては「ポン酢の涙」700円(?値段忘れました)。
契約栽培の福岡県産“橙”と、佐賀県産“酢橘”を使用しています。

その他、鰹と昆布とホタテの旨味の「タマゴかけ醤油」「二段仕込み醤油」。こちらはまた後日味わうとして・・・


早速、鍋にしました。

材料にこだわっているだけあって、通常のポン酢より柑橘類の酸味が鮮烈に感じます。しゃぶしゃぶにも焼き魚にも合うでしょう。湯豆腐にも絶対あいますね。
今年の冬は、鍋にこのポン酢で暫く楽しめます。

余談ですが、店内にカワイイ女優さんを中心にした写真が飾ってありました。

本仮屋ユイカ主演のドラマ「そこをなんとか」のロケ地になったそうです。
放映は平成24年12月16日(日)22時〜NHK BSプレミアム。

本仮屋なんとかも、ドラマの内容もよく知りませんが、折角だから見てみようと思ってます。(笑)


@@@@@@@@@@@@@@@
『日本一醤油』岡直三郎商店
群馬県みどり市大間々町大間々1012
ホームページ http://www.nihonichi-shoyu.co.jp/

 


大きな地図で見る

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村

Return Top