多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

富士花鳥園@朝霧高原〜花と鳥の別天地

富士山麓一周ドライブの途中、富士山の西麓、朝霧高原にある
『富士花鳥園』を訪れました。

全天候型の温室内の施設で、ベコニアの花と、フクロウタカ等と触れ合える事がウリの施設です。
DSC02576
訪れた2月の週末は、、北風が吹いて砂埃が舞い、まだ気温が上がらないのに花粉まで飛び始めたと言う、あまり外にいたくない天候でしたので、全天候型の屋内施設ということだけでも魅力的な施設でした。

しばらく前に、「ザ ベストハウス1・2・3」というテレビ番組で、自分より弱い相手には威嚇し、強い相手には木のフリをするコノハズクを紹介していましたが、そのコノハズクのいる「掛川花鳥園」の関連施設のようです。

ここには、どんなフクロウがいるのか楽しみです。

国道139号を本栖湖入口から車で10分程で到着。

広い駐車場に車をとめ、入口の長屋門をくぐると、正面はかわいいフクロウグッズのお土産売り場。
DSC02562

すぐ横の入場券売り場に向かうと、こちらにも小さなフクロウのぬいぐるみが二つ・・・
DSC02448
と、思ったら動きます(!!)
本物のコノハズクでした。

DSC02449-2
受付スタッフのココアちゃんだそうです。

触っちゃダメだけど、フラッシュを使わなければ写真撮影OK。
受付補助の人間の方と比べると、その小ささがわかると思います(笑)

入場料は、大人一人1,050円。
JAFの割引もあったようですが、ココアちゃんが気になって出し忘れました。

しかし、こんなコノハズクを間近でみられただけで、もう帰ってもいいぐらいの満足感です。

うは言っても、折角ですので温室の中へ入ってみると・・・
DSC02471
冬だと言うのに、花満開。
ベコニアだそうです。
DSC02468
想像以上に綺麗でした。

ところで、昼ご飯がまだでした。

途中、蕎麦でも食べようと思っていたのですが、日曜だと言うのに目当ての店が2軒ともお休み。
一度行ってみたかった養鱒場の「鱒の家」も休業中。
冬の朝霧高原は閑散期のようで、すっかり昼食難民です。

花鳥園のなかにレストランコーナーがあるのことは事前に調べてあったので、大して期待はしていませんが仕方ありません。
寄ってみました。
DSC02521DSC02478
カフェテリア方式ですね。
「釜揚げしらす丼」(1,000円)「富士宮やきそば」(630円)が一押しのようです。

DSC02479DSC02480
まぁ、味はレジャー施設内のレストランですから、こんなもんでしょうが・・・

DSC02482
この花に囲まれて食事をすることには、価値があります。

奥の方で、人が集まりだしました。
フクロウやタカのショーが始まるようです。

DSC02574-2
フクロウがヒョイヒョイ飛んだり、

DSC02569DSC02494
フクロウのくせにスタスタ歩いたり、ショーの後、一緒に写真を撮ったりしていました。
目の前でやってくれるので、結構楽しめます。

他にも
DSC02538DSC02539
ペンギンを間近で見たり、ウサギに餌をやったりして過ごしました。

富士吉田インターからは、車で40分くらいでしょうか。
雨が降っても、埃が舞っても室内ですので快適。
所要2〜3時間くらい、ドライブ途中にお気軽に楽しむのに良い施設でした。

そのうち、掛川にある花鳥園にも行ってみようかと思います。


富士花鳥園
静岡県富士宮市根原480-1
年中無休


大きな地図で見る

Return Top