手打草部うどん のらや@国分寺市〜猫の器の関西うどん

On 2013/03/09 by tamagour

ドライブ帰りの週末の夜、夕食も外で済ませて帰ろうと、向かったのがこちら
DSC02579

国分寺市内、手打草部うどん『のらや』さんです。

 

アクセス


場所は、国分寺市北町地内の五日市街道沿い。西武国分寺線の踏切の西側です。

西隣には、コンビニのサークルKサンクス。
3軒西へ行くと、中国料理の「浜木綿」があります。
スクリーンショット 2013-03-07 0.50.45
ケヤキの大木に隠れるように入口があるので、遠くからは少々見づらい。

手前側は、20台分くらいの広い駐車場になっていて、その奥にある2階建ての木造家屋が『のらや』の店舗です。

最寄り駅としては、西武国分寺線の鷹の台駅恋ケ窪駅になりますが、歩くと20分くらいはかかりそうです。

 

外観


DSC02581-2
門をくぐると井戸のある素朴な庭。
母屋も板張りの木造家屋で、昭和初期の農家といった佇まい。

どこからか移築したのか、元々あった民家を再利用したものか?
元々この界隈は、江戸時代に新規開墾された農村地帯で、街道沿いのケヤキの防風林もその頃からの名残りのようですから、周囲の雰囲気にはよくとけ込んでいます。

 

店内の様子


ガラスの引き戸を開けて中へ。
DSC02583
古民家らしく、靴を脱いで上がります。

店内は日曜の夜と言う事で、やや混雑。
それでも2〜3分程待つと、フロアスタッフが席に案内してくれました。

DSC02614
このお店の特等席は、ライトアップされた庭が見える、この窓側席でしょう。
ご覧の通り、ガラス戸も昔ながらの木枠のもの。
とても懐かしいような感じがします。

しかし、この大きなガラス板に、ペアガラスなどは使ってないでしょうから、冬の冷え込んだ時には肌寒いような感じがします。
その辺りも「昔の家はそうだった」と、楽しめば宜しいかと思いますが。

DSC02585DSC02594
この日は残念ながら、窓側の席が満席だったので、奥にある左上写真の席に案内されました。
囲まれ感があって落ち着く席です。
照明はやや暗め。

フロアの中央側には、右上写真のような大テーブル席がありました。
小グループ向けによさそうです。

その他、畳の座敷席もあって席数はそこそこあります。

DSC02587DSC02615
このお店の食器類は特徴的で、みんな猫モチーフ。

確か「のらや1号店」の開店準備中に、現場に居着いた野良猫を招き猫に見立てた?とかなんとか・・・
以前は、その由来がメニューに書いてあったはずなんですが、今回探しても見つかりませんでした。

ちなみに、これらのカワイイ猫食器は・・・
DSC02593
割り箸の包み紙を集めると、枚数に応じて景品として貰えます。
これは、常連になるしかない?(笑)

 

メニュー


「手打ち草部うどん」と言うことなので、当然うどん中心。

草部というのが、どこの地名かも知りませんでしたが、大阪の堺市にある地名のようです。
発祥の地なんでしょか。

DSC02588DSC02589
単品メニューもありますが、お得感のあるセットメニューが充実しています。

しかし、以前はなかった新メニューが目にとまりました。
DSC02591
ライ麦を使った、黒麦うどん
ライ麦でうどんが打てるとは知りませんでした。

地粉を使った武蔵野うどんも真っ白ではないので、色の付いたうどんに抵抗感はありません。
これは、試してみたくなります。

 

料理


注文したのはこちら、
DSC02599
鴨つけ黒麦うどん膳 (とろろご飯付き) 1,180円。 

DSC02612
うどんは、二段重ねになっていました。

DSC02600
ツヤツヤしていて、武蔵野うどんよりさらに色が黒めに見えます。

 

DSC02607
食べてみると、コシはあるけど武蔵野うどんのように固くはなくて、食べやすい。
ツルツルと喉越しが良くて、モチモチ感があり、麦のうま味もあって美味しい。
誰が食べても「あぁ、美味しいね」と言ってくれるような味だと思います。

・・・と言うか、以前この店で食べた、通常タイプの白いウドンより美味しいような?
一年振りくらいの来店だったので、断言はしずらいのですが。
近いうちに、また食べに来たくなる味でした。

 

まとめ・感想


「のらや」さんは、大阪を中心に関西地方に店舗をだしているうどん屋さんです。
関東地方には都区内に2軒、多摩地区には、ここ国分寺店の1軒のみです。

あまりチェーン店に通いたいとは思わないのですが、多摩地区にはここしかないので、私の中では独立店扱いになってます。

「草部うどん」でネット検索しても他にヒットしません。この店独自の呼び名ですかね。
讃岐とも違う関西系の饂飩ということなのでしょう。

つけ汁の味付けは関東風に感じましたが。

それにしても、ライ麦を使った饂飩
ってここのオリジナルなんでしょうかね?
美味しかったです。

ただ本来、ライ麦は小麦より安価なはずなので、販売数があがって安定してきたら、もう少し値下げするか増量してくれるともっと嬉しいですね。

古民家の風情と猫モチーフの食器、それに黒麦うどんを楽しみにまた来ようと思ってます。


のらや国分寺店

国分寺市北町2-24-1

営業時間 平日 11時〜15時・17時〜23時
     土・日・祝 11時〜23時
定休日  なし
駐車場  有り


大きな地図で見る
にほんブログ村 グルメブログ 多摩食べ歩きへ

Comments are closed.