多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

肉の「わたなべ」@山梨県高根町〜八ケ岳山麓の和牛販売店


この夏の休暇も、長野県内の高原別荘地に行っていました。
行き掛けに食料を調達するのですが、肉の買い出しに立ち寄ったのは・・・

八ケ岳の麓、山梨県高根町にある、肉の「わたなべ」さん。

中央自動車道の須玉インターチェンジから、国道141号を清里方面に北上し、高根駐在所前交差点を右(東)に曲がった先にあります。

外観は田舎の小さなスーパーですが、和牛や国産牛を格安価格で販売する店として、近隣では評判になってます。
DSC04031
お盆前の土曜日だったのですが、朝10時の開店時間には、もう別荘族らしき客を中心に賑わっていました。

甲信地方には、甲州牛や信州牛といったブランド牛がありますが、この店では特定のブランドには拘らず、その分、価格を安く仕入れて販売しているようです。

特別な記念日の料理なら別でしょうけど、普段食べる分には、国産の良い肉でさえあれば味としては十分満足できます。
それなら、ブランドに拘るより、値段が安い方が嬉しいですね。
DSC04032
和牛や国産牛が、この上の写真の値段ですから、格安。
ガラスケースは、実際には写真の3倍くらいの大きさがあって、他にも豚やラム肉など、肉の種類も豊富。

ただ肉の種類が多い分、脂の量や、肉質と値段のバランスなど、良く吟味して購入する必要があります。
いつ行っても、どの肉を買うかで悩んでしまいます。

結局、この日購入したのは、「国産和牛モモ」(520円/100g)を800g。

「和牛」ではなくて、隣の「国産牛」でも十分良い肉に見えたのですが、以前食べ比べた時に、やっぱり「和牛」の方が美味しかったので今回は奮発してみました。

赤身の肉なのですが、軽くサシが入っていて軟らかい肉です。


この肉をどうするかと言うと、七輪を使って「和牛のたたき」に挑戦。

400gづつ、ブロック状に二つに切った肉に、軽く塩胡椒して、備長炭を使った七輪で六面をまんべんなく焼き上げます。
DSC04077
ちょっと炭が多かったようで、火力が強すぎました。
もっと火力を弱くして、じっくり焼かないと、表面だけが焦げすぎてしまいますね。

それでも、まぁまぁの焼け具合ですかね。
DSC04073
焼き上がった肉は、「クックパッド」で検索しておいたレシビを参考に、ダシ汁に3〜5時間つけ込みます。

ダシ汁は、ダシ醤油・日本酒・純米酢・おろし生姜・白ネギのスライスを鍋に入れ、沸かしてアルコールを飛ばしてつくりますが、甘みが足りないようだったので、これに蜂蜜を足したらマイルドな味になりました。

また別に、オリーブオイルでガーリックオイルを作っておいて、肉を取り出した後のダシ汁に合わせ、ソースにします。

最後は、スライスしたタタキにソースをかけて完成。
なかなかの出来でしょう。
DSC04079
下の写真は、じっくり火を入れたバージョン。
DSC04100
大変、美味しゅうございました。

事前に東京で肉を仕入れて、暑い中、旅先まで持ってくるのは、鮮度の面で不安があります。
現地で和牛を仕入れられるのは、有り難いですね。
八ケ岳や蓼科周辺でキャンプ等を計画しているなら、食材調達に重宝するお店です。

ちなみに使用した七輪は、能登半島の珠洲市を旅行した折に購入したもので、珪藻土の地層から箱形に切り出して整形し、そのまま焼き上げた代物です。
七輪は洗う必要もなく手入れも楽なので、バーペキューコンロよりも便利。
重いし、落とすと割れるのが欠点ですが、車での移動なら問題にはなりません。

今は能登まで探しに行かなくても、ネットで注文できるので便利ですね。
丸和工業(H.P.)など何社か製造元があるので、興味があれば調べてみたらいかがでしょう。


肉 魚 「わたなべ」

所在地   山梨県北杜市高根町箕輪483-1
営業時間  10:00〜18:00



大きな地図で見る

Return Top