多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

フレンチレストラン【ベイサイド】@アジュール竹芝〜最上階から東京港の夜景

 


港区海岸地内、竹芝埠頭にあって東京港を一望することのできる、
ベイサイドホテル【アジュール竹芝】
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その眺望の他にも、このホテルに泊まる時の楽しみの一つに、最上階のレストランでの食事が挙げられます。
最上階フロアには、二つのレストランがあって、東京タワー側には鉄板焼【都】

海側にあるのは、この日予約しておいたフレンチレストラン【ベイサイド】
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お日柄の良い週末には、披露宴会場になっていたりもする、東京港の眺めの素晴らしいレストランです。

壁面には大きなガラスがはめ込まれていて、レインボーブリッジからお台場、晴海あたりを一望。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
他の席には、誕生日や記念日を祝うカップルが多かったですね。
なぜ誕生日会だと分かったかというと、花火がバチバチ燃えているデザートのお皿が、2回も通り過ぎて行ったからです(笑)

メニューの方は・・・
ディナーコースが、4,620円・6,300円の2種類。
他に8,400円のフルコースもあります。

この日オーダーしたのは、肉と魚の二つのメイン料理を味わえる6,300円のコース。

小さなシュー生地にパテを詰めた「お迎えの一皿」の次に出て来たのは、
~オードブル~ マグロとアトランテックサーモンマリネとポワロ葱のマーブル仕立て
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これは綺麗ですね。
食材そのものの色の、鮮やかな彩り。
手間ひまかけた、市松模様状の盛りつけ。
私なんかはこのオードブルを見ただけで、ここにに来て大正解だったと感じてしまいます。

そもそも魚介系は大好きなんです。
築地市場もすぐそばですしね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
つづいては、
~魚料理~ 愛知産ホウボウのポワレ、根菜のフリットにユリ根のピュレ添え骨から取ったソースで
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
下の黄色いのが、ユリ根のビュレですね。
白身の淡白な魚に、ユリ根や根菜の滋味が加わって、美味しく頂けます。

次は、メインの肉料理、
~肉料理~ 仔牛のロース、骨付ラム、マッシュルームのデュクセルを載せたオルロフ風
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
白いスービーズソースを掛けて、軽く焼き色がつくまでオーブンで焼き上げたというのが、“オルロフ風”のようです。

二種類の肉を楽しめるんですね。
仔牛のロースは熟成された肉を使っていて、脂身がキツくないし、旨味があって美味しい。

ラム肉の風味も大好きです。
健康に良さそうな赤身肉。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
最後は、
~デザート~ 巨峰の赤ワインのゼリーとサバイヨンフレーズ 栗のアイス添え
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
立体感があって、見た目も綺麗な盛りつけ。
お陰で暗い夜の室内では、写真を撮っても全体にピントが合いません(笑)

巨峰は巨峰の味、栗は栗の味がしっかりしている、美味しいデザートでした。

ごちそうさまでした。
大変美味しゅうございました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一人6,300円の夕食というのは、勿論、私にとっては贅沢なものです。
しかしこの料理の内容や、窓から見える景色を考えると、十二分な満足感が得られます。

多摩地域からも比較的行きやすいとは言っても、近所ではないので頻繁には行けませんが、何かの記念日にでも利用してみては如何でしょうか。

ディナーは当日の17時まで予約可能のようですが、窓側の席は数席のみですし、その席も柱との位置関係で窓から見える景色が若干異なります。
折角行くなら、早めの予約をオススメします。


フレンチレストラン【ベイサイド】

所在地    東京都港区海岸1-11-2 ホテルアジュール竹芝21F

最寄り駅   JR 浜松町駅 北口 徒歩7分

営業時間
土・日・祝 ランチ 11:30~17:00(L.O.16:00)
火~金   ランチ 11:30~15:00(L.O.14:00)
火~日   ディナー 17:30~22:00 (L.O.21:00、ドリンクL.O.21:30)

定休日             月曜日(祝日は営業)

駐車場             有料有り(飲食料金によって割引)

H.P.                ベイサイドホテル【アジュール竹芝】


 【関連記事】ホテル【アジュール竹芝】@港区海岸〜東京港一望のベイサイドホテル



大きな地図で見る


東京食べ歩き ブログランキングへ


 

Return Top