多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

WHAT’S NEW

More

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート@宮崎〜“夢”の高層リゾートホテル

 


宮崎に旅行に行くとは決めたものの、泊まるべき旅館・ホテルが思いつきません。
県内には有名な温泉地もないようですし。

そうなると知名度から、あの一度経営が傾いたという、有名高層ホテルの一択でしょうか?

・・・ということで、宮崎市内、空港からも程近いフェニックス・シーガイア・リゾート内にある
『シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート』に泊まってきました
DSC05094
なんと地上43階、かなり遠くからでも目につく、宮崎県内では飛び抜けて一番高い建物です。

今回は、多彩な宿泊プランから選択することができたので、ネットから「スターウッド・ホテル&リゾート」の会員登録をして(もちろん無料)、そのホームページから予約しました。

部屋は少々贅沢をして、高層階のグランデデラックスルーム(2 Double Beds‎)。
スイートではないけれど、上の方の階の広めな部屋ですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
3連休中ということもあって、室料は一人一泊17,200円程と高めですが、広々していて快適。
調度品にも高級感がありますね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
窓から宮崎市街地の方向を眺めれば、日向灘の海とフェニックスリゾートのゴルフ場が見渡せます。
はるか先まで続く森が全てフェニックスリゾートですので、敷地は驚くほど宏大。
DSC05092-2
見えている白い大きな建物は、目玉施設だったオーシャンドーム。
開閉式の屋根を持つ全天候型プールでしたが、残念ながら経営不振で今は閉鎖されています。
バブルの夢のあとですね。

すぐそばに綺麗な海はあるのだけど、ここの海は波が高くて離岸流もあるので、海水浴には向かないんだそうです。
だから南国らしい雰囲気があって、安全に泳げるような娯楽施設が欲しかったんだそうです。
結果的には「お金をかけすぎた」ということなんでしょうが、リゾート施設の経営って難しいんですね。

宿泊した日は曇りがちの天気。
カラッと青空になっていれば、もっと綺麗な海の色だったんでしょう。
DSC05090 のコピー

今はオーシャンドームの替わりに、その手前にある和風の温泉入浴施設「松泉宮」が営業しています。
DSC04635
このグランデフロアのバスルームは、シャワースペースが浴槽と分かれていて使いやすいですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
バスローブも付いていて、温泉まで行かなくても十分快適に過せそうです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
でも、グランデデラックスルームに泊まると、「松泉宮」には無料で入浴できる特典が付いてきます。
それなら、折角だから行ってきますかね。

ホテル形式の宿泊施設は、通常、部屋の外へ浴衣や寝間着では出られませんが、このホテルでは、部屋に備え付けのこの浴衣と作務衣なら、風呂にでもレストランにでも行って良いそうです。
レストランは兎も角、風呂には浴衣で行きたいので、有り難い仕組みです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


「松宮泉」へは、下層階に降りてからこんな連絡通路をテクテクと歩いていきます。
DSC04673-3
途中にあるライブラリー。
DSC04661
松泉宮には大浴場「新月」、中浴場「月読」と貸切風呂があります。

貸切風呂は、スイートルームの宿泊客が優先で、予約もとれないそうです。
結局、面倒なので入りませんでした。

その他の風呂は、時間帯によって空いていたり混んでいたり。

下の写真は中浴場「月読」。
脱衣スペースと浴室が壁で隔てられていない造りです。
温泉街の共同浴場をイメージしているのでしょうか?

誰もいない貸切状態だったので、ちょっと失礼して写真を撮ってみました。
この空いた状態なら、ノンビリできて非常に快適。
DSC04667
団体客と一緒になると、快適度は5割減になりますけどね。
お湯自体は、塩化物泉で体がよく温まります。

大浴場「新月」は和風の似たような雰囲気で、お湯の色がやや赤色がかっていました。
泉質が異なるのか、日によって色が変わるのか解りませんが、そちらもよく暖まるお湯です。


グランデルームの宿泊特典としては、松泉宮温泉への無料入浴の他に、
42階トップバー「ステラ」でのカクテルサービスがありました。
DSC04648
17:30〜19:00まで、カクテルと軽いおつまみが無料でサービスされます。
夕方だけ、バーをクラブラウンジのように解放しているようなイメージですね。
DSC04637-2
夕食前に食前酒としてカクテルを頂いて寛ぎました。

グランデルームのこのサービス、期間限定なのか?いつもあるのか?
よく分かりません。予約時にサービス内容を確認して下さい。

サッパリした味の「ソルティードック」。
DSC04643
窓から見える宮崎の夜景は、東京都心の夜景とは違って派手さがありません。
ワクワクしながら夜景を見ると言うより、心静かに過すと言う雰囲気ですかね。
DSC05060


部屋の(宿泊プランの)特典を利用しているだけでも楽しかったのですが、リゾートホテルらしい雰囲気を一番感じたのは、
一階にある、カクテルバー『パシフィカ』
DSC04632
円形カウンターの中央に鎮座する熱帯魚の水槽が特徴的。
DSC04783-2
周囲にはフェニックス(椰子?)が植えられていて、南国の雰囲気。
DSC04934-2
低層階は吹き抜けになっているので、2階のロビー階や3階の通路からも見下ろせます。
ホテルの顔的なスペースですね。
DSC04937
17:00〜19:00までは注文したドリンクが半額になる“ハッピーアワー”。
ラッキーです。
DSC04649
この後、車で外のレストランに行く予定なので、ノンアルコールカクテルを注文。
バーの雰囲気だけ味わいました。
DSC04950-2
“蜜柑モヒート”と“Brilliant Swing”だったかな?

まったりしていると、向こうのステージでライブが始まりました。
DSC04959-2
聞いた事のないデュオでしたが、綺麗な歌声です。
最近日本では、歌手とは言えないような学芸会レベルの騒がしい歌ばかり聞こえて来ますからね。
こういう演奏を聞けると、贅沢で寛いだ気分になれます。
DSC04951-2
気分が良かったので、もう一杯。
ノンアルコールですけど。
DSC04962
カクテルは一杯1,500円くらい。
ハッピーアワーならその半額。
その他、ライブが始まってからの入場だと、ライブチャージが1,000円程度必要。
その価値はあります。

歌だけなら、吹き抜けになっている2階や3階のソファーに座っていても聞こえてきますので、それならタダですね(笑)
DSC05058
DSC04656-2


大型高層ホテルというのは、施設が立派で眺望が優れているのが魅力ですけど、駐車場までが遠いのが少々面倒ではありますね。
DSC05089
勿論、大きな荷物はロビー正面に車を乗り付ければ、部屋まで運んでくれますが。

宏大なリゾート内には、ゴルフ場やボーリング場、動物園やミニ遊園地などもあります。
それらを含めた「フェニックス・シーガイア・リゾート」は、セガ・サミーグループが買収したそうです。
将来的にはオーシャンドームをエンタメ施設に改装して、あわよくばカジノも組込んで・・・なんて構想があるとかないとか。

上手く行けばいいですねと思う反面、人混みが嫌いな質なので、ひょっとしたら私にとっては今が一番快適な状態なのかもしれません。

惜しむらくは、天気がもう少しよければ、景色がもっと良かったはず・・・ですが、
いろいろ楽しめるホテルでした。
DSC04677-2



大きな地図で見る


【じゃらん】で情報を見るなら↓



国内旅行 ブログランキングへ


 

Return Top