多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

WHAT’S NEW

More

七本鎗(滋賀県・冨田酒造)〜正月の酒を取り寄せ

 


年賀用の酒と言えば、当然、日本酒。

折角の正月ですから、美味くて、且つ縁起の良さそうな名前の酒を飲みたいものです。

そんな訳で、今年選んだのは、
『七本鎗(しちほんやり)純米大吟醸・渡船(わたりぶね)』

「七」がラッキーセブンで、縁起が良いかと。(ややこじつけ)
DSC05738
この「七本鎗」は、滋賀県の北部、長浜市木之本町にある冨田酒造さんで造られている酒です。

冨田酒造さんは、若い頃の北大路魯山人とも交流があったと言う、北近江の小さな酒蔵です。
ラベルの字も魯山人の書によるものだとか。

「七本鎗」の名前の由来は、豊臣秀吉と柴田勝家が雌雄を決した「賤ヶ岳の戦い」があったのがこの木之本町内で、その際に活躍した豊臣方の七人の武将、いわゆる「賤ヶ岳の七本槍」からとったものです。

まぁ、能書きはソコソコにしておいて、飲んでみましょう。
DSC05761
クドくない上品な吟醸香がして、味は辛口。

正月用に捌いた魚なんかをつまみにすると・・・
DSC05773
美味いに決まってますよね。

冨田酒造さんの「七本鎗」を初めて飲んだのは数年前の秋。
琵琶湖の東岸に紅葉を見に行った時でした。

紅葉と言えば、もう少し足を伸ばした先の、京都の寺社の方が知名度が高いのでしょうが、
滋賀県にも琵琶湖の東岸の「湖東三山」や
P1010134
湖北の「鶏足寺」、「孤逢庵」など見事な紅葉スポットが点在しています。
P1010089
その旅行の際に宿泊したのが、館内から琵琶湖を眺められる
『旅館 紅鮎』さん。
P1010180
景色も良いし、冬には本場の鴨鍋を食べることもできて、何時かまた訪問したい旅館の一つです。
P1010183
この旅館でだされて、美味かったのでお土産としても買って帰った酒が、この「七本鎗」でした。

このときは、もう少し甘口の酒だった気がしたのですが、飲んだのが大吟醸だったかな?
今回飲んだ「純米大吟醸」は、日本酒度が+5なので、こちらはやっぱり辛口の部類ですね。
DSC05776
木之本町界隈は、いい具合に寂れた感じがしていて(失礼)、町並みも昔の面影が残されているので、なんだか愛着が湧いてきます。
2014-01-11 14.47.45
湖北・湖東周辺では、匂いが嫌いじゃなければ「鮒鮨」なんて名物もあるし、「近江牛」も「鯖鮨」も美味い。
琵琶湖の夕日は綺麗だし、
P1010231
酒飲みながら思いだしていると、またこの方面を旅行したくなってきました。


冨田酒造
滋賀県長浜市木之本町木之本1107
http://www.7yari.co.jp/index.html



大きな地図で見る


 

Return Top