多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

WHAT’S NEW

More

山荘 無量塔(むらた)〜湯布院御三家・古民家再生離れの旅館


湯布院旅行二泊目は、いよいよ“湯布院御三家”の一つ、『山荘 無量塔』(むらた)さん。

金鱗湖からは、車で数分移動した丘の中腹にある旅館です。
P1020392 のコピー
こうして見ると。由布岳の麓って感じの位置ですね。

入口からロビー棟の方へ進むと、スタッフの方々(↙︎)が何人も外で迎えてくれていました。
このあたりの歓迎の仕方が、「無量塔流」なんでしょうね。

私が到着したときには、オーナーさんまで出迎えに来てくれていました。
名前を告げると何も見ずに「“暁”の部屋に御案内します。」と、予約した部屋の名前を言い当てました。
まさか、宿泊客と部屋の名前を暗記してるんですか!?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この古民家が、憧れの『無量塔』さんの本館・フロント棟。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
どこから手に入れて来るのか、置かれているアイテムがいちいちカッコイイですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
『無量塔』さんはこの本館を中心に、敷地内に客室棟や美術館等が点在しています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
まずは、セレクトショップと、宿泊客用の談話室がある「蔵拙(zo-setsu)」でチェックイン。

『山荘 無量塔』は、先代のオーナーが建物や家具、それらを含めた設えに、変人的にこだわり抜いて作り上げた旅館なんだそうです。

この椅子なんかも北欧家具なんでしょうね。
木製の肘掛けの形状が繊細で美しい。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ほうじ茶の茶器だけみても、ただの湯呑みじゃない。
「おっ?何だコレ??」と思わせるものがあります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA
この談話室では、宿泊客なら無料で珈琲等の飲み物を提供してくれます。
珈琲も、そう何杯も飲めやしませんが、無料と聞くとうれしくなりますね(笑)

部屋の用意ができたようなので、案内してもらいましょう。
こんな通路を歩いて行くと、
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この日予約していた「暁」の部屋のある棟が見えてきます。
ランク的には中くらいの広さの、中くらいの価格で、比較的新しい部屋になります。
階段があるので、足の悪い方にはネックかな。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
室内に入ってみると、外の森が見える大きなガラスと、石積みの壁が印象的な部屋でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
湯上がりにゴロゴロできるように、畳の小上がりには枕がセットしてあります。OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ちなみに、冷蔵庫に入っているジュースやビールは、宿代に含まれていて無料。
但し、水以外は追加注文すると有料です(笑)

しかし、夕食の量もそれなりに多いので、そんなに飲み食いはできません。
結局、冷蔵庫から取り出して飲んだのは水だけでしたが、それでも何となく得した気がして嬉しい気がします。

和洋折衷のスタイリッシュな部屋ですね。
この畳の小上がりに、布団を敷いても寝られそうな広さですが・・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
寝室はこの部屋とは別に、廊下を進んだ先、
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
これまた広くて、洒落た洗面室の奥に、
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ベッドルームが用意されています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
なんとも贅沢な間取りです。

それはそうと湯布院温泉の御三家ですから、一番気になるのは客室付きの温泉。
ガラスの扉を開けると・・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
シャワースペースになっていて、
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
さらにガラス戸を開けると、ガラス張りの掛け流し温泉浴槽が現れます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
このガラス戸も開閉が出来て、少し開けておくと、野鳥の姿や鳴き声を愛でながらの入浴ができます。
これは極楽。

バスローブも用意されているので、温泉入って、ゴロゴロして、お茶飲んで・・・のループを人目を気にせずに楽しめます。
この旅館にも泊まるなら、早めにチェックインすべきですね。


さて、夕食は部屋食なのですが、その前に、この旅館の名物バーである「Tan’s bar」へ。
18:00からは宿泊客とレストラン利用者の専用時間となります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
昼間のティータイムには、外来のお客も多くて混み合っている「Tan’s bar」ですが、夕方からなら空いているだろうと、立ち寄ってみました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
予想通り、この時間帯なら、ほぼ貸切状態。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Jazzの流れる、巨大スピーカー真ん前の特等席に陣取れました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
暖炉の上の、この巨大スピーカーは、アメリカの劇場用のものを運んで来たそうです。
なんとも重厚な音が鳴っています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
カクテルは、通常のものなら一杯500円と格安。
静かなBarで、巨大スピーカーからの音楽を聞きながら寛げて、ここもまた極楽。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
小一時間楽しんで、名残り惜しいのですが、夕食の時間ですので部屋に戻ります。

部屋には大きな座卓などなかったので、どこからかテーブルでも持って来るのかと思っていたら、
小上がりの畳の下から、意表をついて電動でテーブルがせり上がってきました。
なんというギミック!?
いちいち楽しませてくれます(笑)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
献立は、地元の食材を中心に構成されています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
先付けは、冠地鶏と筍のサラダ。
P1020393 のコピー
次に椀もの。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
向付八寸。
2月ですから、節分バージョンですね。
刺身はヒラメの薄造りと、
P1020397 のコピー
関鯖。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
大分で刺身といえば、これですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
凌ぎの掬い豆腐。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
煮物は、寒鰤の蓮根霙鍋。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
焼き物は、川魚の梅香焼き。
梅と醤油の香りとコク。一手間かけてあって美味い。
そろそろ満腹気味。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
豊後牛の諸味焼き。
無量塔名物の粒マスタード添えです。
赤身肉なので食べやすいのですが、完全に満腹です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この後は、ご飯と果物のデザートでしたが、もう食べられないので、ご飯は夜食のおにぎりにしてもらいました。

旅行者にとっては、冠地鶏に関鯖や豊後牛と、大分の名物食材がそろい踏みしていていて、満足感の高い夕食でした。

刺身好きとしては、関鯖の量も含めてもっとお造りが豪華だと嬉しいのですが、由布院は山里ですし、そもそもこれ以上は出されても食べきれませんね。

しかし、離れの部屋なのに、料理の出て来るタイミングは調度良いし、料理も温かいまま提供されています。
渡り廊下を歩いていても、他の部屋のお膳とすれ違うこともなかったし、厨房がどこにあって、どうやって料理を運んでいるのか?不思議でした。何か工夫や仕掛けがあるんでしょうね。


翌日の朝食は、本館の食事処「柴扉洞(サイヒドウ)」の・・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
個室で。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
再生古民家らしく太い柱や梁の建物に、民芸調の設え。
センスが良いと言うか、この持念仏とか李朝の花瓶とか欲しくなると言うか・・・。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
朝食は和食と洋食から選べます。
洋食は地物野菜のオーブン蒸しと、ソーセージ、サラダ、パン。
ソーセージとサラダでサンドイッチにできるようになっています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
和食は、掬い豆腐と焼魚、出し巻き卵に小皿が数品。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
豪華さはありませんが、小皿の数も多くて見た目も良いし、ボリューム的には十分ですね。


この後は、11時のチェックアウトまで、部屋でノンビリしてから帰路につきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
無量塔さんは、客室がセンスが良くて趣のある離れになっていて、ほとんど他の客の存在を意識せずに寛ぐことのできる旅館でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スタッフの方々の物腰も軟らかく、応対も丁寧。
帰る時も車まで荷物を運んでくれたりして(到着時は当然として)、サービス的に不満やストレスを感じる人は、ほとんどいないのではないでしょうか。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
料理の方は、地元食材を上品に使った季節感のある料理で、ボリュームがあって味も上々。
ただ、十分満足ではあるのですが、何かにビックリするような豪華さはなかったかな。

湯布院という土地が、静かな山里というか、山に囲まれた高原の湯の町なので、アワビや伊勢海老を並べられても興醒めではあるのですが。
それならジビエ料理の一品でもあれば、更に嬉しいのですが、それも人によっては好き嫌いがありますかね。

そんなことを考えるのも、他には注文をつけたくなる箇所がないからで・・・。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
九州は近いとは言えませんし、無量塔さんは高級旅館ですから、毎年来るという訳にはいきません。
それでも5年に一度くらいは、何か理由をつけて来れるような生活がしたいなぁ・・・と思わされる宿なのでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


山荘 無量塔(MURATA)

所在地 大分県由布院温泉川上1264-2



大きな地図で見る


 

Return Top