多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

WHAT’S NEW

More

フルーツパーク富士屋ホテル@山梨県〜レストラン リニューアル

 


中央自動車道方面に遠出すると、帰りがけに寄って行きたくなるホテル、
『フルーツパーク富士屋ホテル』で、またまた一泊してきました。DSC06379
箱根の老舗ホテルとして有名な、富士屋ホテルの系列。
山梨市北方の丘の上、釜無川フルーツ公園の一角にあって、富士山と甲府盆地の夜景を眺められる、景色の良いホテルです。
DSC06410
この日は曇りがちで、手前の山の向こうにあるはずの富士山が見えなかったのが残念。
まぁ、そんな日もあります。

ちなみに、山梨県は果物の生産が盛んで、この丘の周りにも果樹園が広がっています。
DSC06268
富士山は見えなくても、余程の悪天候でなければ、甲府盆地の夜景は見られます。
夜ともなれば、ご覧の通り。
DSC06341-4
新日本三大夜景の一つだそうです。

こちらのホテルは、富士屋ホテルの系列だけあって、夕食もなかなかのもの。
西欧料理、日本料理、鉄板焼きのレストランが揃っています。

今年の春には、客室とともにレストランもリニューアルしたようで、その際に、以前あったチャイニーズレストランのスペースに西欧料理レストランが引っ越したようですね。

この日の夕食は、その2階に引っ越しした、『西欧料理 ラ・コリーナ』で。
DSC06275
以前は1階のカフェスペースと場所を共有していて、両壁がガラス張りで開放感があったのが特徴的でしたが、普通のホテルのレストランって感じになりましたね。
リニューアルして間もないので、調度品も新しくて綺麗だし、落ち着いて食事のできる雰囲気だとも言えます。
照明はやや暗め。

グレイスワインがあったので、グラスで注文しました。
照明の向きを、もう少し料理の置かれる位置に向けて調整してくれると、料理やワインの色が引き立つんですけど、ちょっと暗いですね。

これから徐々に調整していくのかな?
DSC06276
コース料理の方は、
まずは、アミューズ。
DSC06281のコピー
ホタルイカが旬ですね。

次に「甲斐サーモンのマリネ」
DSC06286

「フォアグラのソテー」
DSC06295
フォアグラって、庶民にとっては、あるだけで有無を言わせぬ高級感をもってますね(笑)
DSC06299

「新ジャガイモのポタージュ」
DSC06302

パンはこんな感じ。
DSC06303

「アイナメとホッキ貝と野菜のフリカッセ」
DSC06308
アイナメも旬の白身魚で美味。

いよいよメインの「牛フィレ肉のグリル わさびクリームソース」
DSC06311
コゴミやタケノコといった春の山の幸が添えられています。

やはり胃腸は年を誤魔化せないようで、牛肉もこういう赤身肉の方が美味しく感じます。
DSC06317

最後に、果樹園に囲まれた“フルーツパーク”っぽく、『フルーツデザート』。
DSC06323
イチゴのムースにバニラアイス、周囲をベリー系の果実で縁取り。
甘さもクドくなくて、美味しくいただきました。

全体に、フランス料理のようにコッテリしたソースでの味付けではなく、薄味で素材の持ち味を引き出すような料理でしたね。

旬の素材で季節感もあるし、料理の彩りもある。
満足のいく食事となりました。

食後は散歩がてら、階段を一階におりて、
DSC06326
直ぐ外のデッキから夜景を眺めました。
DSC06330
晴れて星空まで見えていると、もっと綺麗なんですけど、こんな曇り空でも十分見事な夜景です。


さて、翌朝の朝食は、1階の「カフェ ベラヴィスタ」で。
DSC06380
以前は、『ラ・コリーナ』もこの場所でした。
DSC06358
ここもリニューアルして、調度品が入れ替わりましたね。
椅子は座り心地が良くなったかな。
テープルも、陶板がはめ込まれた、カフェっぽいものに。

ここの朝食でのお気に入りは、健康的に新鮮野菜もりもりの「サラダブレックファースト」
DSC06365
山梨県は、高原野菜の産地でもあります。
この朝食を食べるのも、ここのホテルに泊まる楽しみの一つになっています。

フルーツパークですから、朝からフルーツのデザートも付いてきます。
DSC06371
ごちそうさまでした。
超高級ホテルではありませんが、ホテルスタッフの物腰も丁寧でソツがない。
気後れしない程度に、“ちょっと贅沢なホテル”という雰囲気が、居心地良く感じます。
DSC06394
今回の宿泊も、満足のいくものとなりました。
さて、もうひとっ走り、高速にのって多摩に帰るとします。



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル


⬇️【じゃらん】で宿泊プランを確認


【一休】の宿泊プランを見る


Return Top