多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

和食

Tagged

WHAT’S NEW

More
燈々庵@あきる野市〜旧家の邸宅で旬の懐石料理

燈々庵@あきる野市〜旧家の邸宅で旬の懐石料理

日中は寒さも和らいできた3月の上旬。 我が家でささやかなお祝いごとがあったので、夕食をとりに、 あきる野市小川の懐石料理店「燈々庵」にやってきました。 こちらの燈々庵さんは、旧家の土蔵を改修した趣ある懐石料理店で、五日市の「黒茶屋」や、青梅...
『竹風堂』の栗おこわ@“北斎と栗の街”小布施食べ歩きの1

『竹風堂』の栗おこわ@“北斎と栗の街”小布施食べ歩きの1

長野市の北東、千曲川の右岸に位置する小布施町は、古くから船運の要所にして北信地方の商業の中心地。 晩年の葛飾北斎もこの街に幾度か滞在し、豪商・高井鴻山の援助を得ることで、江戸では成しきれなかった自由な創作活動に没頭したとか。 また千曲川の氾...
らい亭@鎌倉山〜昭和初期の高級別荘で蕎麦懐石

らい亭@鎌倉山〜昭和初期の高級別荘で蕎麦懐石

鎌倉ドライブ旅行の中日の昼食は、鎌倉山にある蕎麦会席の『檑亭』(らいてい)さんで。 鎌倉山とは、鎌倉の街を取り囲んでいる丘陵地帯のうちの七里ガ浜の北側部分一帯のことで、昭和初期には高級別荘地として開発された歴史を持っています。 別荘地の開発...
三河屋@長野県佐久市〜佐久名物の鯉料理を食べる

三河屋@長野県佐久市〜佐久名物の鯉料理を食べる

上信越自動車道を西へ進み長野県内へ。 碓氷軽井沢ICを通り過ぎると、次は佐久IC。 千曲川の清流と八ヶ岳からの伏流水に恵まれた佐久市では、江戸時代から鯉の養殖が盛ん。 気温の寒暖差の大きい内陸性気候であることや、冷たい流水を使って育てている...
旬菜古民家ゆるり@長野県須坂市〜信州グルメと海鮮と

旬菜古民家ゆるり@長野県須坂市〜信州グルメと海鮮と

千曲川を挟んで長野市の西隣に位置する須坂市は、かつては製糸業で栄えた商業の街。 今も蔵造りの商家などが多く残り、往時が偲ばれる情緒ある街並が続いています。 まだ残暑の厳しい頃、多摩から上信越自動車道を経由して避暑地である志賀高原に向かう途中...
海鮮料理『磯五郎』@長野県富士見町〜再訪・絶品!海鮮丼

海鮮料理『磯五郎』@長野県富士見町〜再訪・絶品!海鮮丼

夏のバーゲンのお知らせハガキに吊られて、小淵沢リゾートアウトレットに立ち寄った後、ランチはお隣の長野県富士見町まで足を伸ばして、海鮮料理の磯五郎さんでとることにしました。 五月の連休の際に初訪問して、海のない長野県内でこんな新鮮な海鮮料理が...
『奈良田本店』@山梨県甲府市〜郷土料理よろず取り揃え

『奈良田本店』@山梨県甲府市〜郷土料理よろず取り揃え

夜になってもまだ暑い8月の金曜日、夕方に多摩地区を出発して中央高速道を一路東へドライブ。 20時頃には山梨県甲府市内に到着しました。 渋滞に巻き込まれなければ早いもんです。 せっかく甲府まで来たのですから、夕食は山梨の郷土料理を味わおうと、...
日本料理『竹むら』@西東京市ひばりヶ丘駅南口〜名物「角煮膳」

日本料理『竹むら』@西東京市ひばりヶ丘駅南口〜名物「角煮膳」

西武池袋線のひばりヶ丘駅南口から、徒歩4分ほどのところにある 日本料理『竹むら』さん。 前回は『焼魚膳』を注文して大満足したのですが、実はここの『角煮』が評判の一品であるとの情報を入手したので、再調査の運びとなりました🎶 土...
日本料理 竹むら@西東京市ひばりヶ丘駅南口〜横丁の割烹料理店

日本料理 竹むら@西東京市ひばりヶ丘駅南口〜横丁の割烹料理店

西武池袋線ひばりヶ丘駅南口の日本料理『竹むら』さん。 休日遅めのランチタイム。 店先を通りかかると、掲げられていた和食膳のランチメニューが、あんまりに美味しそうだったので、そのままフラフラと暖簾をくぐってしまいました。 「竹むら」さんの所在...
うなぎ割烹 高橋屋@東武動物公園駅〜名物・鰻の天麩羅

うなぎ割烹 高橋屋@東武動物公園駅〜名物・鰻の天麩羅

  来年の干支は午(うま)。 験を担ぎに馬の写真を撮りに行こうと、埼玉県の東武動物公園まで出掛けた帰り道。 以前一度行ったことがあって、雰囲気の良い店だったと記憶している鰻屋でランチしてきました。 うなぎ割烹『高橋屋』さんです。 ...
そば処 滝乃家@東村山市青葉町〜北多摩で福井名物ソースカツ丼

そば処 滝乃家@東村山市青葉町〜北多摩で福井名物ソースカツ丼

  所用で東村山市の東方を移動中に昼飯どきとなりました。 この近所に、福井名物のソースカツ丼を多摩地域に居ながらにして味わえる店があると聞き、行ってみる事にしました。 東村山市青葉町の、そば処 『滝乃家』です。 ソースカツ丼と言え...
Return Top