東京都下「多摩エリア」を中心に「グルメ」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」

三河製麺『リアルラーメン』@東久留米〜自販機で名店の味を持ち帰り

ラーメンは嫌いじゃないけど、まだまだ世間では外食自粛ムードだし、そもそも行列が
嫌いなので、人気のあるラーメン店からは、ますます足が遠のきがち。

そんな折、東久留米の「三河屋製麺」さんが、取引先の人気店のラーメンを、そのまま冷凍して販売する自動販売機を開発し、敷地内に設置したとの情報を得ました。
そりゃあ良いアイデアだと喜んで、早速出かけてみたのは・・・

24時間営業の冷凍ラーメン自動販売機、その名も「リアルラーメン」


🌀アクセス

リアルラーメンの設置場所は、東久留米市八幡町一丁目の三河屋製麺の敷地前。
小金井街道野火止一丁目交差点から西へ曲がったところで、目の前はコカコーラの工場。

専用駐車スペースはありませんが、道幅に余裕のある下里本邑通り沿いなので、短時間の路上駐車は可能です。
交通量はそこそこあり、八幡町一丁目バス停も目の前にあるので、周囲の安全確認は十分に。


🌀メニューと実食

交通量も減ってきた夜に行ってみると、三河製麺の内照看板の下、普通の缶ジュースの販売機の横にありました。

「この販売機は自粛しません!!」との文字が、今の状況へのやるせない気持ちを表してます。

この販売機「リアルラーメン」では、三河製麺が取引をしているラーメン店の中から、ミシュランのビブグルマンに選ばれたような人気店をピックアップし、その冷凍スープと特注麺をセットにして販売しています。

お店は定期的に入れ替えるようですが、この日販売されていたのは5種類で、鶏白湯(篝)とり醤油(カネキッチンヌードル)魚介つけ麺(つじ田)背脂生姜醤油(我武者羅)塩(らあめん元)と、バランスの良いラインナップ。
それぞれの店の紹介文も書かれているので、選ぶ際の参考になります。

いずれもラーメンマニアには名の知れた5店のはずですが、薄らとでも聞いたことのあるのは我武者羅くらいかなぁ。
それも当然のように未食。
私自身はラーメンフリークとは、とても言えないようです。

それにしても、昔からラーメン屋の店主の写真って、なんでみんな渋い顔で腕組みしてるの?
誰と戦っているのか知らないけど、見てると怖いんだよね(泣)
04番くらいに笑っていて欲しいぞ。

お値段を見ると、どれも1,000円となってました。
店主達の顔写真は怖くても、自販機は安心の明朗会計(笑)

お札は千円札しか使えないので、事前に財布の中身は要確認。
自販機の前まで来て、財布を見たら一万円しかないなんてことになったら面倒ですからね。

調理前のラーメンが一食1,000円とは、ちと高い気もするけど、人気店まで行く交通費とか、並ぶ時間のロスとか考えるとリーズナブルだと思います。


さて、5種類の中から選んだのは、「券売機の左上のボタンが一押し」の法則に従って、
一番目の銀座「篝」鶏白湯Sobaと、

その隣の「カネキッチンヌードル」地鶏丹波黒どり醤油ラーメン

説明書きはあるけど、どれも旨そうな事が書いてあって、読んでも決めきれません(笑)
どちらもミシュランガイドビブグルマンとして掲載されたそうです。

早速、自宅に持ち帰って開けてみると、中身は冷凍スープと、それぞれの店の特注麺。

調理法と盛りつけ例の記されたリーフレットも入っています。

生麺は普通に茹でるだけだし、スープはパックのまま湯煎して丼に注ぐだけ。
調理はいたって簡単。
水加減を間違えることがないので、少なくともスープは店の味のまま。
具材はチャーシューが少し入っているだけなので、お好みのものを調達する必要はあります。

まずは「篝」鶏白湯Sobaから

写真を参考に、彩野菜を多めに、チャーシューと茹で卵をトッピングしてみました。

スープは濃厚な鶏白湯ですが、単純に鶏だけではなく、魚介や野菜の旨味が足しあわされた複雑な味わいをしています。

麺はツルツルとして食感が良いもの。

他では食べたことのない、何やら奥深く濃厚な味わいの鶏白湯でした。
スープの味が強いので、多めにトッピングされた野菜が美味しく感じられます。
なるほど、ミシュランはこんな味わいのスープが好みなのかな。
個人的には田無駅北口の瑞風さんの、もっとストレートな鶏白湯も好きですけどね。
でも、美味しかったです。


次の日は、「カネキッチンヌードル」 地鶏丹波黒どり醤油ラーメン
西武池袋線の東長崎駅近くにある店のようです。

調理例を参考に、刻み玉ねぎ、三つ葉、メンマ、チャーシューを調達し、空腹だったので茹で卵を多めにトッピング。
麺は少々茹ですぎたか?

スープは刻み玉ねぎがトッピングされていたので、八王子ラーメン的な味わいなのかと想像していましたが、地鶏の味が強いのか? かえしの醤油の味が強いのか?もう少しコテっとした味わいをしています。

このスープになら、タマネギの甘みとか三つ葉のサッパリ感がよく合います。

麺は全粒粉を混ぜ込んでいるようで、風味があって好みの味。

こんな味の醤油スープも、初めて味わいました。
醤油ラーメンも、個人的にはもっとスッキリと生姜でも効かせたもので十分満足なのですが、流石ビブグルマンともなると一味違いますねぇ。
美味しかったです。

お値打ちとは思いつつ、一食1,000円+トッピング代αかけているので、一緒に食べた妻殿が、どちらも「美味しかった」と言ってくれてホッと一安心です(笑)

私にとってのラーメン屋って、安っぽいテーブルと椅子が並んでいて、行列なんて勿論なく、ふらっと入るとオバハンかオッサンが、元気な声をかけてくれるような店がデフォルトなので、旨いとの評判を聞いても、今どきの狭くて並んで隣の客に気を使うような人気店には入りづらい。

その点、この自販機「リアルラーメン」はとってもいいですね。
時間を選んで車で買いに行けば、行列も渋滞も混雑も感染もありません。

多分、両店とも多摩エリア外にあるので、ここの自販機で買って食べていなければ、一生、このスープを味わうことはなかったでしょう。
まぁ、正直フランス人なんぞの味覚がなんなの?って気もするし、これを機会に実店舗のリピーターになることもないでしょうけど、色々な店の色々な味のラーメンを自宅で食べることができるのは嬉しいこと。
便利便利です!!

あとは三河屋製麺さんが、メニューの入れ替えをSNSで知らせてくれたりしたら、もっと便利なんだけどなぁ。


【三河屋製麺「リアルラーメン」(自販機)】

■所在地    東京都東久留米市八幡町1丁目9(三河屋製麺前)
■営業時間  24時間
■定休日   年中無休
■駐車場   なし