東京都下「多摩エリア」を中心に「グルメ」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」

武蔵野うどん工房『庵(いおり)』@東大和市〜コロナ後巡回・カレーうどん

週末の昼どき。
ランチに立ち寄ったのは、東大和市新堀にある一軒家うどん店の
武蔵野うどん工房 庵(いおり)さん。

最寄の西武拝島線東大和市駅からは歩くと20分くらいかかるし、店の前に駐車場は2台分ものの、ちょっと窮屈な広さなので先客がいると止めづらく、そんなこともあって近頃はご無沙汰していました。

目の前に駐車場の広いしまむらドラッグストアが並んでいるので、そこに車を停めていっぱい買い物した後に、急いで食べて帰るくらいなら許容範囲かな(?)


この日は天気も良かったので、紅葉🍁でも見て秋の風情を感じたい気分。
でも高尾山のケーブルカー乗り場に大行列ができているなんてニュースを見せられたのでは、まだまだメジャーな行楽スポットに押しかけづらい。
なので、地図で見ると意外に広くて、だけどまず絶対に混んでいることはなさそうで、手狭ながら駐車場もある東大和市の「上仲原公園」に来てみたところです。

土地区画整理事業で創り出されたこの公園には、カエデなどの派手に色付く樹種は少ないものの、歩いてみるとケヤキなどの落葉樹が多く植えられていて、武蔵野の田舎林の風情がありました。

面積の半分くらいがテニスコートやグランドになっているので散歩できる範囲は限られますが、トイレもあるし・・・

木漏れ日の中の散策を十分楽しめました(喜)


散歩して小腹も空いたので、良い気分で公園から徒歩5分ほどの「庵」さんへ。
途中にある元祖長浜大学ラーメンでは、席数を少なくしているせいもあってか店頭に行列ができていましたが、コロナじゃなくても列に並ぶのは嫌いなのでスルー。
こちらのさんには、待列もなくすんなり入店できました。

迎えてくれたのは、気の良いオッチャン的なご亭主とフロア担当の方の二人。

店内には、細長いベンチシートの六人掛けテーブルが3つと、三人掛けのカンター席が2つありますが、テーブル席は常連さんらしいグループや家族連れで既に満席。
幸いカウンター席は丸々空いていたので、すぐ席に着けました♪

メニューを見ると、武蔵野うどんらしい暖かいつけ汁うどんきつねカレーきのこの5種類。
以前はもありましたが、材料入手難でメニュー落ちしたようです。

その他、かけ汁のどんぶりうどんと、冷たいうどんがあるメニュー構成も以前のままなのですが、値段を見ると数年前から全く値上げしていないように見えて驚きます。
嬉しい反面、小麦の値段が随分上がっていると聞いているので、この価格で続けられるのかちょっと心配。

この日は日差しはあったけれど、やっぱり秋なので体が温まる物が食べたくなって、
どんぶりうどんの中から「カレーうどん」(900円)を注文しました。

待つこと15分弱で到着。

一般的に武蔵野うどんとは、「稲作に適さない武蔵野台地上の畑作農家が、漂白していない地粉を使って打った、太くてゴワゴワと硬い食感の手打ちうどんのことで、古くは茹でた野菜だけを添え、明治時代中盤以降は温かい豚肉のつけ汁でも食べるようになったもの。冠婚葬祭の時などに食べられることが多かった。」という定義になろうかと思いますが、この店のうどんは、そのイメージのど真ん中ストレートの豪速球。

麺がゴワゴワ、モチッとしていて、兎に角固いものだから、とてもズズッとは啜れない。
讃岐うどんのような、外は柔らかいけど、中だけはモチモチと芯のある「腰」とは、また違った固さの麺です。
汁に浸った掛けうどんにしたから、少しは柔らかくなっているはずなのですが、それでも固い!
ワシワシ噛みながら、素朴な小麦の味をじっくり味わうような食べ方なので、顎が疲れてきます(笑)

カレーうどんの汁は、鰹出汁の肉汁にカレー味のトロミを付け加えた感じで、思ったよりはカレー感が薄いもの。

それでも食べ進めると、スパイスが効いて汗が止まらなくなってきました。体はボカボカ。
豚こま肉からの出汁も出て、とてもおいしかったです。

麺は500gあるそうで、ついついカレー味の汁も完飲してしまったものだから、満腹で苦しい〜。
私には、100円引きの小(うどん 少なめ)でも十分満足な量でした。


大半のお客はご亭主と何かしら挨拶を交わしたりしていて、駅から遠くても常連さんに支えられいる店だと感じます。
かと言って、一見の客は軽く扱うという風はなく、滅多に来ないお客にも気を配って声をかけようとしている気配を感じます(笑)。居心地は良好。
このコロナ騒動も乗りきったようで安心しました。
次に来たら、基本の豚つけ汁うどんに戻って麺は小、その分、かき揚げでも一個追加して食べようかな。


【武蔵野うどん工房 庵】

■所在地   東京都東大和市新堀3-1-2
■営業時間  11:00-14:00  17:00-20:00
■定休日   水曜日
■最寄駅   西武拝島線東大和市 下車徒歩20分
■駐車場   有り(2台)