多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

WHAT’S NEW

More

綾戸梁@上州渋川〜利根川の河畔で鮎を食す〜

 


梅雨明けはまだ先ですが、暦の上ではとっくに夏。
夏の風物詩といえば、“川魚の王様でしょう。

というわけで先週末、群馬県渋川市内の『綾戸簗』(あやどやな)
鮎料理を食べに行ってきました。

DSC00140s
簗(やな)とは、上の写真のように、川の中に木や竹で簀の子状の滑り台を作り、
上流から流れて来た魚を捕るための施設。

渋川市内には、他に2箇所の簗がありますが、どこも6月末から9月末までの三ヶ月間だけの季節営業となっており、まさに『夏の風物詩』。

場所は、関越自動車道の渋川伊香保 ICを降り、三国街道を車で2〜30分ほど北上、
昭和村との境近くの綾戸橋で対岸に渡り、左折してすぐ、利根川の左岸側(東側)にあります。

市の中心部からは距離があるので、車で行かないと不便。

多摩川や秋川にこのような簗があれば、もっと気軽に鮎を味わいにいけるのでしょうけどね。
それでも、高速に乗ってしまえば2時間足らずで渋川市に到着しますから、丁度良いドライブコースです。

店舗は利根川のすぐ脇に建っています。
この辺りまで来ると、空気が清々しくて気持ちが良い。
DSC00126
店内は、海の家のような造り。
風が抜けていきます。
DSC00134
座敷に座卓が並んでおり、足の悪いお年寄り用のテーブル・椅子席もありました。
椅子席は少ないので、必要なら予約したほうが良さそうです。

席について外を見ると、いろいろな花が咲いています。
オーナーの趣味でしょうか。なにか歓迎されているような感じがします。
DSC00129
鮎が焼けるまで30分程度かかるということで、先にタケノコと浅漬けがサービスで出てきました。
このタケノコが柔らかくて美味しいですね。
地元で採れる竹の子なのかな?
DSC00138
「よかったら、簗を見て来て下さい」とのことなので、サンダルを借りて散歩にでました。
簗は食事処のすぐ横。
小雨まじりでしたが、涼しいし風情があります。
昔はこの簗で穫った天然鮎を食べられたのでしょうが、今は養殖の鮎なのが残念。

DSC00142

簗側からみた食事処。
DSC00143
ちょうど紫陽花が咲いてました。
DSC00152
まだ時間があったので、炭火で鮎を焼いているところも見せてもらいました。

赤々とした炭火の周りに串刺しされた鮎が並んでいて、これは旨いに決まってます!

注文数に応じて、生け簀から鮎をすくってきて、この炭火で焼いているそうです。

活きのいい鮎は、焼くと化粧塩で固めなくてもヒレがピンと開くそうで、
確かに焼かれている時も、泳いでいるような美しい姿。
DSC00160s
早く食べたい!!

そうこうするうち、別注文の鮎の刺身(1,200円だったかな?)が出てきました。
活きが良いので、まだ口がパクパク動いています。
DSC00155
わさび醤油でいただきます。
DSC00174
海の魚と違って、透明で淡白なお味。鮮度が良いから身もしっかりで、臭みなし。
海の魚のサヨリよりあっさり。

中途半端なお店で臭みのある刺身を食べてしまうと、鮎が嫌いになってしまいそうですが、
ここの刺身はおすすめです。私のなかでは別格に旨いと感じました。

それでも川魚ですし、「もう少し食べたい」という加減で止めとくのが美食のコツですので、
二人で一匹にしときました。
(本当は、金欠?)

こんな季節感を味わえる、新鮮で美味しい物が、多摩から日帰り圏内で味わえるのですから本当に素晴らしい。
店を褒めるべきか、利根川を褒めるべきか、高速道路を褒めるべきか?

鮎の鮮度が良い事が分かったところで、ついに塩焼き田楽焼きが焼き上がりました。
確かにヒレが開いて、泳いでいるような姿。
DSC00186
この時期の若鮎は、まだ小振りなので、頭からカブリつくのにちょうど良い大きさです。
好みもあるでしょうが、一番美味しい時期だと思いますね。

淡白な身と、肝の苦み、骨のコリコリ感がたまりません。
天然鮎は、川苔を食べているから香りがもっと強いと聞きますが、
この鮮度の鮎を食べられるなら、何の不満もありません。
田楽焼きは、開業以来の秘伝の味噌だそうで、甘くて美味しい。

この三匹に、ご飯、味噌汁、酢の物が付いた竹定食が3400円
田楽焼き焼きが付かない梅定食が2700円
竹定食にさらにフライがついた松定食が4200円(だったはず)です。

私は、竹定食で満腹。
大変、おいしくいただきました

帰りがけに店の方に、パーゴラ風の特別席を作ったと教えてもらいました。
予約、先着1組ですね。
DSC00133
なんだかメルヘンチック(笑)

簗は大正時代から続いているそうで、オーナー家族+鮎焼き師さん+αといった
構成で営業しているようです。
これからも、がんばって店を続けてもらいたいですね。

車の中で妻殿に、
『9月位になると「落ち鮎」といって、卵をもった鮎を食べられるはず』と
うっかり言ったら、
「また連れて来い」と言われました。
来れるかな? これたらいいね。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
活鮎料理専門店「綾戸梁」

www.ayado-yana.com/

群馬県渋川市赤城町棚下綾戸492
11:00〜19:00(ラストオーダー)
6月末〜9月23日頃まで
期間中無休
あり

大きな地図で見る

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村


綾戸簗魚介・海鮮料理 / 岩本駅津久田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

 

Return Top