多摩ぐるぐる

東京都下『多摩地域』を中心に「食べ歩き(ランチ&ディナー)」「ドライブ」「旅行」「日々のあれこれ」を綴るブログ。

海鮮 一鰭(いちひれ)@新潟県村上市〜夏は岩牡蠣!、鮑も美味い!!


村上市まで出かけて行ったのなら、立ち寄らざるを得ない店の一つが
大町にある「海鮮 一鰭(いちひれ)」さん。
村上茶の九重園の女将さんに「岩牡蠣好きなら」と、教えてもらったお店なのです。
えぇ、去年も立ち寄りましたとも。

一鰭さんの何がそんなに良いのかと聞かれれば、すぐお隣にある魚問屋「うおや」さんの直営店なので、新鮮な笹川流れ産の海産物がお手頃価格で味わえるって事。
ここも古い町屋を改装した店舗で、二階は町の学校の先生の蔵書を保管している図書室。
一階の店舗は、白基調の清潔感ある内装となっています。
早速メニューを見ると、「天然岩牡蠣」ありますねぇ(喜)
サイズの大きいもので800円位しますが、その価値は十二分にあります。
実に幸せなことに、新潟県北部から山形県・秋田県にかけては、岩牡蠣を食べられるお店がいくつもあるのですが、味と価格のバランスで言うと、このお店の岩牡蠣が一番ではないかと思うのです。
食べてガッカリしたことがない。
こっちの方が「安くて大きて美味いな」って、この店に完勝できる店が思いつきません。
・・・もしあったら、こっそり教えてください(笑)

産地の岩場毎なのか、時期によるのか?、食べるお店や地域によって鮮烈な潮の味を感じたり、ミルキーな旨味を感じたりするのですが、一鰭さんで食べる岩牡蠣はミルキーな美味しさを感じます。
遥々やってきた甲斐のある味、幸せです。

岩牡蠣だけで十分幸せな気分になれるのですが、何せ旅行中で少々気分が大きくなっています。
夏季限定メニューの下の方に「天然あわび」時価(!) (目安4,000円〜)
なんて書かれているのを見つけて、つい食べたくなってしまいました。

店員さんに「黒あわびだと、4,000円でも小さいんでしょ?」なんて恐る恐る聞くと、
「見てみますか?」なんて言ってくれて、隣の魚屋さんから鮑を持ってきてくれました。
・・・見ると、結構大きい(歓喜)
「では、それを刺身で」とお願いしたのが、こちら。
板さんが見事に捌いてくれました(嬉)
新鮮だから肝付き!
一緒に食べると、コリコリとした食感、肝の旨味も加わって何とも美味い!
そして贅沢!!
いや、まぁ、妻殿と半分こですけどね。
それでも食べれて良かった。
後々まで記憶に残る美味しい体験でした。

岩牡蠣のシーズンもお盆まで。
そろそろ終わりですね。
うおやさんは、今年は道向かいにも店舗を拡張して、本店の方は改修工事に入るそうです。コロナがなければ、今年もこんな幸せな夏を過ごす予定だったのですが・・・
来年はまた行けると良いなぁ。


【海鮮 一鰭】
■所在地   新潟県村上市大町4-
■営業時間  11:00-15:00
■定休日   なし
■最寄駅   JR羽越本線 村上駅
■駐車場   あり



 

Return Top